行徳鳥獣保護区探鳥会

コガモ、オオバン、ハクセキレイ、ウグイス、スズメ、ムクドリ、シジュウカラガン、コサギ、ツバメ、アオジ、オナガ、カワウ、カワラヒワ、バン、ヒヨドリ、シロハラ、ダイサギ、カルガモ、キジバト、キンクロハジロ、アオサギ、スズガモ、ウミネコ、コチドリ、セッカ、ホオジロ、キジ、カイツブリ、チョウゲンボウ (29+1種類)

はい こんにちは☆
八百屋です。

春というより夏な感じの行徳
最初にお出迎えしてくれたのはコガモちゃんたち
もぐって餌を取る姿はまるでチューリップ☆
咲き乱れるはコガモのおしり

歩いていたら何か変な鳴き声が聞こえた…
電柱の陰に隠れててよく見えなかったけど
あれは確かにオナガさん
恥ずかしがり屋のオナガさん

行徳は保護されてる子たちもいるわけで
人懐っこいムクドリがいたり
前回きた時もいたアカショウビンやら
みんな いろいろな事情があってそこにいたりして
まぁ大抵は人間が悪いことしたんだねって感じでした…


前回は入れなかった観察舎からは遠くの方もよく見えて
コチドリがカラスに追い立てられている様子がよく見えました。

午後からは観察会に参加させてもらいました☆
普段は入れないところで行徳の裏の裏まで見させていただきました。
行徳の人たちの知識の深さは底なしです
草木の名前から鳥の名前
カワウの吐き戻した魚の種類まで!!

カワウさんは驚くと吐いてしまうそうです
吐くことで体を軽くして素早く飛び立つためらしい…
そんなカワウさんの今日のご飯はマコガレイの稚魚にギンコなどなど
ずいぶん贅沢な物を食べていらっしゃるようで うらやましいです

行徳の人がシマヘビを捕まえていました
せっかくなんで触らしてもらいました☆
スベスベ 触り心地の良さは天下一品


そんな感じで終わってみれば
清々しい充実感と少しの疲労
帰る途中に現れたのはチョウゲンボウ
青いお空で優雅に飛んで行った…
[PR]
by nodai-yatyokai | 2009-04-19 22:11 | 探鳥会
<< 第43回多摩川リサーチ 第42回多摩川リサーチ >>