葛西臨海公園探鳥会

10月19日(土)
見られた鳥:スズメ、ハクセキレイ、ハシブトガラス、トビ、ウミネコ、カワウ、コサギ、ダイサギ、コチドリ、シロチドリ、ミヤコドリ、ホウロクシギ、セイタカシギ、アオサギ、カイツブリ、アオアシシギ、キアシシギ、コガモ、ヒヨドリ、イソシギ、クサシギ、カンムリカイツブリ、ハマシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、オナガ 計26種

こんにちは。ラムダです。
今回は葛西臨海公園へ行ってきました。まずは西なぎさへ。海風が吹いていて少し寒かったですがスコープで東なぎさを見ると数多くの鳥が見れました。やはりミヤコドリは目立ちますね。遠くからでも白と黒の体に赤い嘴が目に留まります。ホウロクシギも歩いていました。嘴がおもしろいくらい長いんだなと感じました。次は鳴き声も聞きたいですね。
なぎさを見た後は観察小屋に行きました。上の池のある観察小屋から見るとすぐ近くにイソシギ...ではなくクサシギがいました。あまり見る機会がなかった鳥なのですごくうれしかったです。
帰る前にもう一度なぎさに行ってみようということでまた西なぎさに向かいました。先ほどは気づかなかったのですが西なぎさの中ほどにカンムリカイツブリがいました。しかもまだ夏羽が残っていて綺麗でした。記憶をたどるとカンムリカイツブリを最後に見たのは昨年の5月です。懐かしいな~などと思いながら夏羽を目に焼き付けて帰宅しました。
今年度2度目の葛西臨海公園でしたが多くの鳥が見られてよかったです。次は冬の猛禽が来るころにまた行きたいなと思いました。
e0098079_158793.jpg

e0098079_1571677.jpg

[PR]
by nodai-yatyokai | 2013-10-25 15:08 | 探鳥会 | Comments(0)
<< 多摩川リサーチ 10月 多摩川リサーチ >>