「ほっ」と。キャンペーン

2月 多摩川リサーチ

2月3日(火) 快晴

観察できた鳥
アオサギ、ダイサギ、コサギ、ツグミ、アオジ、ムクドリ、ホオジロ、シジュウカラ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒメヤマツバメ、ベニマシコ、ジョウビタキ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、トビ、チョウゲンボウ、カワウ、セグロカモメ、ミソシギ、オオバン、コガモ、オカヨシガモ、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、カンムリカイツブリ、キンクロハジロ、カルガモ 計31種

2月の多摩川リサーチの報告です。

こんにちは。初めてブログ更新を担当するA.Aと申します。
当日は快晴。日なたであっても強風が吹くと寒さがこたえる日でした。

今回はカモ類を数多く観察することができました。寒かったためか、陸地でも水上でも集まって休んでいる様子が多かったです。
途中、頭上を飛んでいくカワウの1羽が足に何か紐状のものを絡めているのを見ました。河原に捨てられた釣り糸かビニールテープのようなものを誤って引っかけてしまったのでしょうか。釣り針の場合は、捕食した魚に残っていて、なんてこともあるそうです。当たり前ですが、ゴミなどはきちんと持ち帰らないといけないと改めて思いました。

帰り際に、今、野鳥の会の展示を置かせていただいている二ヶ領せせらぎ館に立ち寄りました。2月いっぱいまで展示しておりますので、見ていただけたら嬉しいです。

e0098079_8285.jpg
オオバン

e0098079_83439.jpg
カモ類

e0098079_84019.jpg
セグロカモメ

e0098079_851135.jpg
ツグミ

カモは種の見分けが難しく、まだまだ勉強不足と感じました。
以上、A.Aでした。
[PR]
by nodai-yatyokai | 2015-02-24 08:27 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)
<< 二月探鳥会 光が丘公園探鳥会 >>