3月多摩川リサーチ

こんにちは、2年のわたこです。
3月19日(水)、川沿いのソメイヨシノのつぼみが膨らみ始めた多摩川で、野鳥の生態リサーチを行いました。その結果を報告します。
観察された鳥の種類は、オナガガモ、オオバン、アオサギ、カワウ、カルガモ、コガモ、マガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、ムクドリ、ヒヨドリ、メジロ、カイツブリ、ウミネコ、ダイサギ、コサギ、ハシブトガラス、ハクセキレイ、カンムリカイツブリ、シジュウカラ、イソシギの21種類でした。
カモは、3月になり渡りの季節を迎えたので、1・2月に比べると、生息数と種類が減少した模様です。
また、当日の天気が悪く、連日に比べると気温も低かったからか、生息数が毎回多いカワウがいつもと比べて羽数が少ないものでした。
今回はカンムリカイツブリの姿も確認しました。夏羽に変わっており、季節の移り変わりを感じられました。
今回のリサーチで一番興味深かったことはダイサギが、川沿いの小さな池で、ゆっくり歩いた後水面をつつき、小魚を捕え食していたことです。何故ならサギの補職する姿を初めて肉眼で観察できたからです。

e0098079_1261177.jpg


e0098079_1271045.jpg


e0098079_1283962.jpg


以上で報告を終わります
[PR]
by nodai-yatyokai | 2015-03-25 01:29 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)
<< 2014年度春合宿・奄美大島 二月探鳥会 >>