「ほっ」と。キャンペーン

12月多摩川リサーチ

12月12日(土) 天気:晴れ 

見られた鳥
カンムリカイツブリ、オオバン、ヒドリガモ、カイツブリ、ダイサギ、コサギ、ユリカモメ、アオサギ、ハクセキレイ、オナガガモ、セグロセキレイ、セグロカモメ、コガモ、カワウ、ヒワ、ヒヨドリ、ハシボソガラス、トビ、イソシギ、チュウサギ、ベニマシコ、ジョウビタキ、シジュウカラ、キンクロハジロ、チョウゲンボウ、メジロ、バン、ホウジロ、スズメ、カワセミ、ヨシガモ 計32種

こんにちは担当のOJです。
遅くなりましたが、12月の多摩川リサーチの活動報告をしていきます。
今回の多摩川リサーチは12月とは思えない暖かな気候の中の活動で、防寒着が途中で不要になるほどでした。
見られた鳥の中でカワウの数が特に多く、100羽以上が群れており、一斉に移動するさまは見応えがありました。
下流では鮮やかな赤色のベニマシコ(雄)を見ることができました。ベニマシコを自分は生で見たことがなかったため、今回じっくり観察する機会が得られてうれしかったです。
e0098079_22431134.jpg

今回、カモ類の判別の難しさを痛感しました。エクリプスなどでさらに判別が難しため、しっかりと勉強をして今後は判別できるよう頑張りたいと思います。
e0098079_22474820.jpg

気温が高かったことが鳥たちに悪影響を与えないか心配です。
以上で今回の報告を終わります。
e0098079_22481369.jpg

[PR]
by nodai-yatyokai | 2016-03-03 22:51 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)
<< 11月多摩川リサーチ 10月探鳥会 >>