11月多摩川リサーチ

日時:11月19日(日)
天気:晴れ
見られた鳥:オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ヒメアマツバメ、ユリカモメ、セグロカモメ、カワセミ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アオジ、ゴイサギ 計29種

こんにちは。今回ブログを担当するT.Tです。更新遅れて申し訳ありません。
さて、はっきりと冬がやってきたと感じられるこの頃、多摩川には続々と冬鳥たちが集まってきています。堰堤の上ではカワウとサギ類がひしめき合い、下では姿形の似通ったカモ達が観察者を困惑させます。初めて迎えた冬の多摩川で、「多摩リサの洗礼(?)」を受けた気がしました。

今回はチョウゲンボウ、ゴイサギ、ヒメアマツバメ、カワセミといった多摩川リサーチで毎回は見ることができない鳥が複数観察できました。特にカワセミは堰堤のすぐ手前でしばらくの間じっとしていたので、非常に近い距離でじっくり観察することができました。このとき観察した個体はまだ体の色が淡く、胸のあたりが黒ずんでいたので幼鳥だと思われます。何度か水に飛び込んで魚を獲っていましたが、不発に終わったことも少なくありませんでした。もしかしたらまだ狩りが上手ではないのかもしれません。

カモの雌の識別に手こずってしまったので、今年度の冬はカモ類の勉強をしようと思います。また、カモはエクリプスや雑種など通常とは見た目が異なる場合があるので、そこにも注目して観察していきたいです。
e0098079_01430609.jpg
昆虫を捕らえたチョウゲンボウ
e0098079_01435141.jpg
ゴイサギ
この場所で見かけることが多いです。
e0098079_01442180.jpg
魚の群れに突っ込むカイツブリ
先日の大雨で川の水位が変わり、魚の群れが狭い水路に迷い込んだというお話を伺いました。
e0098079_01445106.jpg
ヒメアマツバメ
上空で20羽程度の群れを構成していました。
e0098079_01452157.jpg
カワセミ

[PR]
by nodai-yatyokai | 2017-12-26 02:05 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)
<< 1月多摩川リサーチ 2017三宅島夏合宿 >>