1月多摩川リサーチ

日時:1月14日(日)
天気:晴れ
見られた鳥:オオバン、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、コサギ、ハシボソガラス、トビ、ユリカモメ、セグロカモメ、ムクドリ、カワラヒワ、マガモ、ハクセキレイ、シジュウカラ、カンムリカイツブリ、ゴイサギ、オナガガモ、キンクロハジロ、ヒメアマツバメ、コガモ、キョウジョシギ、ハシビロガモ(サブエクスプリス)、ハシブトガラス  計25種

こんにちは。今回ブログを担当するO.Sです。
新年初の多摩川リサーチは、ひたすら寒く、リサーチするのがとても苦痛でした。今思うと、この時風邪を引かなくて良かったと思います。
しかし、こんな厳しい寒さでも鳥達は元気に活動していました。寒さに弱い私にとっては、流石としか思えませんでした。やっぱり鳥はすごいです。
さて、今は真冬なので、様々な冬鳥が多摩川に集まっています。カモは相変わらず多くいて、種類を見分けるのに、とても苦労しました。ユリカモメやセグロカモメの様なカモメ類も多摩川に渡来していました。カモメは海に生息する鳥だと言う先入観があるので、カモメが川にいると少し驚きます。今回、珍しくカンムリカイツブリも見られました。しかし、同行者が、「この前も見た。」と言うので、この鳥もそんなに珍しくなくなっているのかもしれません。後、河原でカワラヒワを間近で見ました。とても可愛かったです。せせらぎ館の近くでは、ゴイサギの成鳥と幼鳥がいました。幼鳥の眠っている姿が愛くるしかったです。下流の空では、たくさんのヒメアマツバメが優雅に飛んでいました。去年、冬なのにツバメがいて驚いていた自分が懐かしいです。
今回は、寒さ以外は有意義なリサーチになりました。次回からは、寒さ対策をしっかりしていこうと思います。(去年も同じ事を言っていた気がするが・・・。)
以上で報告を終わります。

e0098079_00212792.jpg
近くに止まってくれたカワラヒワ。可愛い。

e0098079_00275730.jpg
優雅に飛ぶトビ

e0098079_00303800.jpg
カワウ。婚姻色なのか首元が白いです。

e0098079_00342923.jpg
セグロカモメ

e0098079_00383137.jpg
ゴイサギ(成鳥)、就寝中。

e0098079_00400635.jpg
ゴイサギ(幼鳥)

e0098079_00420220.jpg
ゴイサギ(幼鳥)、就寝中。可愛い。

e0098079_00451428.jpg
カンムリカイツブリのペア

e0098079_00462430.jpg
たくさんのコガモが寝ています。そこには、キョウジョシギの姿も。


[PR]
by nodai-yatyokai | 2018-01-20 00:51 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)
11月多摩川リサーチ >>