「ほっ」と。キャンペーン

第13回 多摩川野鳥リサーチ

06,10,15(日)  晴れ・風がけっこうある  10:35~14:30
多摩川中流・登戸駅付近(神奈川県川崎市多摩区・東京都狛江市)

カイツブリ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、トビ、チョウゲンボウ、イカルチドリ、イソシギ、セグロカモメ、(ドバト)、カワセミ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス (以上27+1種)


収穫祭前最後の多摩川です。参加者のみんなご苦労様、そして今後もよろしく!
リサーチの範囲は多摩水道橋の上流~宿河原堰の下流。

・農大野鳥の会の探鳥としては珍しく、実に珍しく晴れ!風が吹く秋晴れの下の多摩川リサーチは、川岸の樹上で鳴くモズの高鳴きで始まりました。うーん、秋っすねぇ。
・ただ、去年何羽もが鳴いていた橋上流では確認されず。

・カモ類が渡ってきました。ヒドリガモを中心に、何種もがまとまって行動。水面に群れていたかと思えば、すぐに飛び立ち川の上を飛び回ったあとまた着水、を繰り返していました。渡ってきた直後で落ち着かないのカモ。上空を帆翔するトビの姿にも反応してバサバサバサ。
・これからどんどん数・種類が増えていくと思います。今はまだ雄の大半がエクリプスですが、最も多いヒドリガモの中には、すでにほぼ冬羽に移行している個体も観られました。
・対してカルガモは2羽に減少。どこへ?

・川の上流にいたイカルチドリ。ハクセキレイに追われて結構なスピードで逃げて来ました。
・じっとしていると、石が保護色になったり、その影に隠れたりして探すのもいる位置を人に教えるのも手間取ります…。

・カワセミは前の冬確認された二ヶ嶺用水では観られず、先月に続き多摩水道橋の上流でその姿を発見。休日の人出を避けて、人影の少ない上流側に移動したのかもしれません。下くちばしが赤いので♀。別個体か同一個体かは不明ですが、堰にもいました。
・川岸で観察する僕たちの比較的に近くのテトラポットにとまったり、中州に移動してその岸近くでホバリング→ダイブしたり。
・そのすぐとなりに、ハシボソガラスが川の水面から何かを白くて四角いものを拾い上げて飛んできました。テトラポットにとまると、すぐにパクリ。食べ物には違いないけど…何だったんだろう。

・セキレイは、冬鳥のタヒバリはまだ来ていませんが、先月に続き黄色・白・黒と三色のセキレイが揃いました。
・キセキレイは堰(特に魚道)が観察ポイント。魚道の壁面を移動する昆虫などの水生動物を狙っているようです。黄色がとてもきれいでした。

by千葉県代表
[PR]
by nodai-yatyokai | 2006-10-19 03:27 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)
<< 第14回 多摩川野鳥リサーチ 厚木キャンパスへおいでやす >>