「ほっ」と。キャンペーン

第15回多摩川野鳥リサーチ

06,12,23(土)  晴れ  11:00~14:05

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、トビ、オオバン、イカルチドリ、ハマシギ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、キジバト、(ドバト)、カワセミ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、ツグミ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス (以上38+1種)


・06年最後の多摩川リサーチの成果は上々。晴れて、風も特にない温かい一日でした。
・調査初登場はイソヒヨドリ、アオジ。イソヒヨドリが調査区域にいてびっくり。きれいな成鳥オスが一羽、橋の拡張のための、河原にできた工事現場の地面にいました。掘り返されて露出した地面で餌を探していたようです。その後も工事現場の柵にとまったり、土手をはさんだ反対側の電線にとまったり。ずっとその辺りから動かなかったようです。
・見られそうで見られなかったアオジも意外だけど初登場。個体数は多そうです。草むらから出てきて姿をじっくり見せてくれた個体もいました。

・二ヶ領用水の雌カワセミ。繋留してあるボートのへりを拠点に何度もダイブし、魚(モツゴ?)をゲット。くわえた魚は、振ったりボートに打ち付けたりじっとくわえた後、難なく飲み込みました。そんな光景をすぐ目の前の対岸で見られる、ちょっとした贅沢。
・その上の葉を落とした桜並木の樹上では、ジョウビタキの雌がヒッ、ヒッ、ヒッ…。美しいよく通る声で鳴いていました。
・用水路の真ん中、水面からちょいと顔を出した枯れ草にヒヨドリがとまり、用水路の水を飲んでいました。水上のヒヨドリ。

・カワウは頭部が白い婚姻色の個体も多いです。リサーチ後の16:00前後、70羽±の群れが二つ合流し、そこに後から飛んできた個体や小群も加わって調査区域の下流で大集団を形成。夕焼けの中の黒い大群は、距離があったけど壮観でした。
・その近くでは20羽以上のコサギも群れをつくって集まっていました。

・危険じゃない+餌をくれると分かっているから、非常に人馴れしている大勢のユリカモメ達。人から数mの岩にも止まっていて、僕たちを目の前にしてうとうとと眠りに入るやつもいました。足やくちばしがオレンジ色の若い個体も多いです。3年ほどで成鳥になるらしい。
・セグロカモメは調査区域に数羽いますが、2羽以上一緒になることはまずなく、基本単独行動主義。

・オナガガモが盛んに「逆立ち採餌」。水面に浮かんでいるのに、底にまでくちばしは届くのかと思いますが、雌の全長は53cm(カモの中でも大きい方)、採餌していた辺りの水深は推定でその半分くらい。逆立ちして首を伸ばせば…届くはず。
・オオバンは10羽以上の群れをつくっていました。いつもより個体数は多いです。珍しくこちら側(登戸駅・神奈川県側)の岸に上陸してきましたが、人の姿に警戒してすぐにまた水の上へ…。

・トビは2回出現。カラスもいましたが、この日はモビングされませんでした。上空には川に沿った気流が流れているのか、大体いつも川と平行の向きに飛んで行く気がする。

・今年はあまり出が良くないモズでしたが、この日は、2羽が堰の近くにある神社の林に飛んできて、隣り合う2本の高木の樹上にそれぞれとまりました。そこが縄張りの境界か? 

・今回で多摩川野鳥リサーチは15回目。イソヒヨドリとアオジが加わって、確認された鳥は62種となりました。

by千葉県代表
[PR]
by nodai-yatyokai | 2007-01-16 11:14 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)
<< 第16回多摩川野鳥リサーチ 月一探鳥会/新宿御苑 >>