月一探鳥会② 高尾駅周辺・多摩森林科学園

07,3,24(土)  曇り・晴れ 11:00~16:00

カルガモ、コガモ、オオタカ、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、イワツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス (計22種)


・春です!!桜を楽しみに、多種多様な桜が咲く高尾の森に行ってきました。色、花の形だけでなく、開花の時期もさまざまな桜が見られ、2月下旬から5月にかけて咲いていくそうです。人出の多さが気になっていましたが、実際に園内を歩くと人陰は少ない。…それもそのはず、桜がほとんど咲いていない! 咲く種類・品種が少ない時期に来ちゃったみたいです。
・とはいえ、咲いている木は咲いている。緑濃い森林を背景に、桜のピンクや白がとても映えます。普段見慣れているソメイヨシノとは違った色合いがいい感じ。会話も弾んで、楽しい森林ウォークでした。
・メジロが桜の蜜を吸いに来ていました。桜にメジロ。日本の春って感じです。
・もっと鳥が出ればなぁ…。ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジなどの姿や声が目立ちますが、それ以外の鳥影は少なかったです。

・林道沿いで鳴いていたシジュウカラが移動した木に樹洞が開いていて、中からもう一羽出てきました。つがいがこの樹洞を営巣場所に選んだようです。巣箱ではない天然の樹洞があるとはさすが森林科学園。
・杉の一番上にとまって、遠くからでも聞こえるさえずりを響かせていたのはヤマガラ。「ツーツーピピー、ツーツーピピー」を繰り返していました。
・ウグイス雄はさえずり初め。まだホーホケキョには遠く、ケキョ!…間を空けて、ケキョ!…(繰り返し)と単発で鳴いていました。地鳴きもよく聞こえてきます。
・オオタカだ!立派な成鳥が、森の上空をまっすぐ高尾山方面へ飛んでいきました。僕しか確認できなかったのが残念。探鳥会で一人だけ見る、というのはリーダーとして微妙な気分だったりします。
・坂道を歩いていると、斜面の下の低木にビンズイを発見。地上に降りたきりどこにいるのか探しても探しても姿が見えなくなってしまいました。…どこへ…?

・高尾駅と森林科学園との間に流れる川も探鳥ポイントです。カワセミが2羽見られ、飛び込みも見せてくれました。狩りは失敗みたいだったけど。
・川沿いの家のアンテナや電線で、セグロセキレイが普段とは違う澄んだ声でさえずっていました。その後はヅヅッ、ヅヅッといつもの声で川へ降りていきました。

・高尾駅前では、駅または周辺で営巣に入るであろうヒメアマツバメとイワツバメが多数飛んでいます。ヒメアマの方がずっと多いです。こんなに近くでヒメアマを観られて良かった良かった。

多摩森林科学園…JR・京王線高尾駅北口から徒歩10分。ちなみに、高尾山は次の駅(京王線終点)・高尾山口駅で下車。

by千葉県代表
[PR]
by nodai-yatyokai | 2007-04-04 16:23 | 探鳥会 | Comments(0)
<< 新入生の皆さんへお知らせ 月一探鳥会/葛西臨海公園 >>