月1探鳥会 多摩川河口編

07,5,26(土) 晴れ 11:00~14:00

カワウ、ゴイサギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、ホシハジロ、スズガモ、コチドリ、シロチドリ、メダイチドリ、ハマシギ、キアシシギ、イソシギ、ソリハシシギ、チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、セグロカモメ、ユリカモメ、コアジサシ、キジバト、(ドバト)、ツバメ、ハクセキレイ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス(以上30+1種)


今回はサトが多摩川河口の探鳥会の模様を書き綴ろうと思います。小島新田駅から多摩川へと向かいます。

・今日は雲ひとつないくらいの晴天でものすごく暑かったです。ツバメがうろちょろと空を飛んでいます。道はまっすぐ、さとうきび畑ではないですが、さとうきび畑を連想させてしまう雰囲気の場所で観察です。

・オオヨシキリが鳴いています。と思いきや目の前に登場しました。いやはや、鳴き声の方向に鳥が見つかるとはなかなかいいものです。

・徒歩で暑い中、気合と根性で歩いていると、干潟みたいなところへと着きました。海の満ち干きの影響で、干潟ができ鳥たちがそこでうろちょろしています。

・シギがたくさんいました。正直私は、シギの見分けがあんまし得意ではありません。なんとか特徴を探し出して、観察をしました。ちょっと飽きて、雑談に夢中になったりしたかもしれませんが・・・。

・お昼休憩。木の茂みでお休み。夢中で会話してたら、私だけ全く手が進んでいない・・・。
一人でベンチに座り急いで食べ終えました。のどかなひと時です。

・ランチタイムも終了し、観察開始です。カルガモを発見しました。優雅に泳いでるカルガモ。
そろそろ行き止まりに近づいてきた模様です。

・行き止まり、そしてUターン。また、元きた道を戻ります。潮が満ちてきていて、干潟がなくなっていました。通りすがりの人と会話をして和みながら、駅付近へと到着して、多摩川河口探鳥終了!!

・今日は日差しが強く、日焼けをたくさんしてしまいました。ひりひりしながらも楽しい1日を過ごすことができました。

By サト
[PR]
by nodai-yatyokai | 2007-06-06 12:02 | 探鳥会 | Comments(0)
<< 第21回多摩川野鳥リサーチ 第19回多摩川野鳥リサーチ >>