東京港野鳥公園

08、11、23(日) 晴れ 10:40~15:10

(ドバト)、ハクセキレイ、アオサギ、メジロ、ヒヨドリ、オナガガモ、ダイサギ、コサギ、
ハシボソガラス、マガモ、ホシハジロ、バン、カルガモ、オオバン、タヒバリ、キンクロハジロ、
カワウ、カイツブリ、オカヨシガモ、イソシギ、タゲリ、タシギ、スズガモ、スズメ、トビ、
ウグイス、ジョウビタキ、モズ、ハシブトガラス、ムクドリ、チョウゲンボウ、シジュウカラ、
カワセミ、コガモ(33+1種)



お久しぶりです。今回報告を担当させていただきますマルマルです。

本日の探鳥会参加者は6名でした。
前回この探鳥地に来た時は夏でしたが今回は初冬ということでカモ類が多く観察されました。
私はカモ類の判別が苦手なので図鑑とにらめっこしつつの観察となりました。

水辺ではたくさんのカワウが杭の上にとまってボーっとしていました。
オナガガモや、バンなどのカモたちが餌を求めて水中に潜っていました。
のんびりとしているカワウや餌を探して水中に潜っているカモたちを見ると
最近の荒んだ心が癒されました。

ネイチャーセンターから、タゲリやタシギなどを観察することが出来ました。
タゲリの冠羽がとっても可愛かったです。

自然生態園の方にも行き、観察小屋からススキにとまるウグイスやジョウビタキ、
メジロを観察することができました。
間近で鳥の姿を観察できる観察小屋とは素晴しいものだと改めて感動しました。


ところで、
前回は野犬がやって来たので今回も来るのではないかと思いつつ観察をしましたが、
今回の探鳥会では見ることはできませんでした。




以上、今回の探鳥会の報告でした。
[PR]
by nodai-yatyokai | 2008-11-23 20:28 | 探鳥会
<< 第39回多摩川リサーチ 第38回多摩川リサーチ >>