第42回多摩川リサーチ

2009年3月9日(月) 10:45~12:35 曇り

ヒドリガモ、オカヨシガモ、ユリカモメ、ハクセキレイ、ツグミ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ドバト、ヒヨドリ、カイツブリ、イソシギ、カワラヒワ、キセキレイ、コサギ、ムクドリ、カワウ、ホオジロ、メジロ、カワセミ、コガモ、トビ、セグロセキレイ、マガモ、ジョウビタキ、モズ
(25+1種)



今回の担当はサトです。


河川工事の方もどんどん領域を拡大してきています。

では、まずは川の水面を見てみるとヒドリガモが本当にたくさん見られます。
この多摩川登戸付近はヒドリガモが一番見られます。


今回の探鳥で特筆すべきところは多く見られたヒドリガモと同様な数でホオジロも確認されたことです。
ホオジロはビオトープ付近の草むらに群れで発見されました。
その場所ではスズメも発見されましたがホオジロの方が多くいたように感じられます。


もう少し先に進むとピンク色が際立つ桜が咲いていました!!
もう咲いている桜もあるんですね。

カンヒザクラというようです。
桜が咲いて小鳥たちが蜜を吸いにくる。
いい光景が少しづつ見られる時期に差し掛かってきましたね。


暖かくなってくるにつれて花粉症も…(涙)


今回はカワセミも発見しました!!
やはり鮮やかな毛色。
きれいな鳥です。
うん、きれいな鳥です。
と2回繰り返したくなります。


あとは、多摩川の光景の一つトビVSカラスの対決もありました。
勝敗はこちらでは判断しづらかったです(笑)


堰の修復の方もどんどん進んでいっています。
堰が元通りになればもっとカモも増えると思いますが、完成する前には渡っていってしまうかもしれませんね。
来年も多摩川に来てくれると幸いですが。


かえり道にはすごい至近距離でジョウビタキ♂が現れました。
この鳥もいいオレンジ毛色をしています。


工事をしているにも関わらず意外と多くの鳥が見られた事に感動しました。


ここで、お知らせがあります。
本日でサトのブログ更新は終わります。
ご愛読いただいていた皆様ありがとうございました。
野鳥の会に入り、4年間鳥を観察し続けてきて、鳥への愛着が一層高まりました。
これからも探鳥を続けて、自然と鳥との関わり合いを持っていきたいと思います。

引き続き野鳥の会ブログは更新されるので楽しみにしていてください!!
僕も閲覧者側になって楽しみにして読みたいと思っています(^^b)
[PR]
by nodai-yatyokai | 2009-03-12 15:30 | 多摩川野鳥リサーチ
<< 行徳鳥獣保護区探鳥会 六義園探鳥会 >>