カテゴリ:多摩川野鳥リサーチ( 105 )

第17回多摩川野鳥リサーチ

07,2,21(水)  晴れ  12:35~15:15

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、トビ、ノスリ、チョウゲンボウ、オオバン、イカルチドリ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、キジバト、(ドバト)、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、シジュウカラ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス  (以上39+1種) 


・顧問の先生も参加されるはずだった今月のリサーチですが、雨天により久しぶりに延期。日程の関係で、後日僕が一人で行ってきました。当初の予定日とは打って代わって天気も良好。気温も温か。のんびり歩いてしっかり観て参りました。

・ノスリを初確認! 何だか猛禽の出が悪い調査区域なので、ノスリの出現は結構うれしいニュースです。…初登場早々、2羽のハシブトガラスにモビングされて、多摩区の市街地上空へ追われるように去って行きましたが、数分後再び河原の上空に姿を現しました。

・池の上空が何だか騒がしい。観ると、何とハクセキレイがドバトを激しく追い立てていました。特に競合することも無さそうな両種ですが、何かハクセキレイのスイッチを入れてしまうような事が…?
・そんな仲間の「災難」を横目に(見てはいないけど)、他のドバト達はお日様さんさんの土手で、丸くなってみんなでお昼寝中。結果的に、捕食者・チョウゲンボウからは人間に護られています。

・河原にある池(ワンド)には、釣り人と共に魚を狙うダイサギのいつもの姿が。今回は2羽のコサギもやって来ました。ダイサギと比べてよく動き回ります。自分から動いて獲物の元へ向かう方法を採っているようです。
・ダイサギとコサギが一緒にいると、大きさの差にあらためて驚かされます。全長はダイサギが89cm、コサギが61cm。人間の身長に換算すると、コサギが170cmの平均的な成人男性なら、ダイサギは248cm…。
・うわっ、すごい威圧感…とも言えるし、自分達の何倍もある人間に近づくハト・カモに比べたら…とも言えます。

・やちょかいでは上陸ガモとしてすっかり有名になったヒドリガモ。最近釣り人の姿を警戒してか集団上陸は見られませんでしたが、今日は小田急線の橋上流の中州に群れを為して上陸していました。中州なら安心!
・ヒドリガモは調査区域で最もよく鳴くカモでもあります。しばしば聞かれるピューイという澄んだ声は冬の風物詩…。いい声っすね。雄が雌に呼びかける求愛の声だそうです。
・オカヨシガモの「水面逆立ち採餌」が、堰の下の水面や中州の周囲でよく見られます。そういう所は水深があまり深くないはずなので、首を伸ばせば十分届くのでしょう。また、堰の下や中州の岸近くには餌が多く流れてくるに違いない。

・カイツブリの換羽が進行中です。羽装がすでに夏羽に近い個体も。この時期のカイツブリを見ていると、換羽は頭部から先に始まるように思えるのですが、どうでしょうか。体(翼)は頭部に比べて夏羽・冬羽の違いが不明瞭なので、もっと確認が必要ですが…。
・広い水面に浮かぶ日本最大のカイツブリ、カンムリカイツブリの姿は遠くからでも白い姿がよく目立ちます。多分いつもの個体です。こちらはまだ冬羽。今回もほとんど潜らず、長時間水面に浮いていました。

・冬の途中でユリカモメがいなくなる現象は今年も。今回見られたのは、堰の下流に並べられている石の列にとまっていた1羽のみ。どこへ?個体数変動の原因は餌の増減?
・その堰の下に並ぶ石の列によくいるのがイソシギです。石にとまり、上流を向いて立ち、流れてくる餌を待ち構えています。

・ヒメアマツバメが元気です。いつもよりも低い空も飛び回っていました。多摩区の市街地上空に現れ、川の上空へと移動するいつもの行動は今日も見られました。ねぐらはどこにあるのか気になっています。

・最近よく見られるモズが、橋の上流に出現。下流の神社付近で見られた個体と同一な可能性もあります。草むらに立つ木の樹上で鳴いた後、多摩川の広い流れを横切って対岸の茂みの中へ飛んでいきました。心機一転、新たな場所で餌探しだ!

多摩川リサーチ・現在までの結果…63+1種

by千葉県代表
[PR]
by nodai-yatyokai | 2007-03-20 21:14 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

第16回多摩川野鳥リサーチ

07,1,13(土)  晴れ  10:50~13:30

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、トビ、ハヤブサ、オオバン、イカルチドリ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、キジバト、(ドバト)、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス (以上40+1種)


・今年最初の多摩川リサーチの結果です。調子は上々で、始まって以来最高の41種を記録しました。やったね。
・更新の調子はすこぶる悪いです。すいません…。何とかします。

・ヒドリガモがカモの最大勢力の座を護りました。特に宿河原堰より上流に浮かぶカモの大部分を本種が占めています。多様な種類が見られる堰下流とは対照的。第二勢力はコガモでした。
・その一方でオナガガモは、流れに身を任せていた雌1羽のみ。流されつつ、水面を覗いて餌を探していました。労力を要しない上手い方法ですね。
・オカヨシガモも減少。確認できたのは雄が2~3羽、雌が1~2羽。数十羽の群れはどこへ…?
・ヨシガモは雄1羽を確認。周りがコガモばっかりなためか結構大きく見えます。後で図鑑を見たら、実際の全長も案外大きかった。
・ハシビロガモも雄1羽。多分いつもと同じ個体なので、今回も多分いつもの雌もいるはずですが、多数の雌が並んで寝ていてよく分からず。雄の腹の色がきれいにくっきりとは白・茶に分かれていないので、若い個体だと思われます。

・ハヤブサが初登場!その出現にスズメ、ドバト、さらにユリカモメも慌てて飛び立ちますが、カモ達は動じず。下流側から川に沿って飛んできたハヤブサは上流へと飛び去っていきましたが、その後再び堰の下流へ飛んでいき、急降下!僕たちが着いたときにはすでにその姿はなく、狩りの成否は不明。カモの姿はほとんど堰の下流からは消えていました。
・…で、堰の上流で狩りに入らなかったのはなぜか?を考えてみました。
・説1…上流側は人の姿が目立ったから
・説2…危機が迫ったら水中へと逃げればいい上流側(水深がある)ではカモは飛ばず、ハヤブサも早々に諦めた。水深の浅い下流では潜りにくく、カモは飛び去り、それを狙ってハヤブサ急降下!

・ツグミの姿をあちこちで見ます。茂った枯れ草の中や中州(石の河原)にも。カモの群れと一緒にツグミがいる光景が、ここでの冬の風物詩。
・中州には20羽前後のムクドリの群れも降りていました。増水によって容易に水に浸る中州は、流されてきた餌が石のすき間にたまっていい餌場になっているのかも。
・中州の常連、ハクセキレイも多いです。中州ではよく近くの個体と小競り合いを繰り広げています(結構激しい)。餌が少ない冬場の、自分の餌場確保のためでしょうか。

・池ではダイサギが一羽、周りの釣り人達の存在も気にすることなくじっとたたずんでいました。でも、おそらくその目は、水中の魚の動静をしっかり捉えていることでしょう。

・ヒメアマツバメがよく出た一日でした。川や河川敷の上空では、市街地の上より低く飛んでくれるので見やすいです。餌の飛んでいる昆虫を狙ってくるのでしょう。冬でも意外と虫というのは飛んでいます。(元昆虫少年)

by千葉県代表
[PR]
by nodai-yatyokai | 2007-03-11 03:04 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

第15回多摩川野鳥リサーチ

06,12,23(土)  晴れ  11:00~14:05

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、トビ、オオバン、イカルチドリ、ハマシギ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、キジバト、(ドバト)、カワセミ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、ツグミ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス (以上38+1種)


・06年最後の多摩川リサーチの成果は上々。晴れて、風も特にない温かい一日でした。
・調査初登場はイソヒヨドリ、アオジ。イソヒヨドリが調査区域にいてびっくり。きれいな成鳥オスが一羽、橋の拡張のための、河原にできた工事現場の地面にいました。掘り返されて露出した地面で餌を探していたようです。その後も工事現場の柵にとまったり、土手をはさんだ反対側の電線にとまったり。ずっとその辺りから動かなかったようです。
・見られそうで見られなかったアオジも意外だけど初登場。個体数は多そうです。草むらから出てきて姿をじっくり見せてくれた個体もいました。

・二ヶ領用水の雌カワセミ。繋留してあるボートのへりを拠点に何度もダイブし、魚(モツゴ?)をゲット。くわえた魚は、振ったりボートに打ち付けたりじっとくわえた後、難なく飲み込みました。そんな光景をすぐ目の前の対岸で見られる、ちょっとした贅沢。
・その上の葉を落とした桜並木の樹上では、ジョウビタキの雌がヒッ、ヒッ、ヒッ…。美しいよく通る声で鳴いていました。
・用水路の真ん中、水面からちょいと顔を出した枯れ草にヒヨドリがとまり、用水路の水を飲んでいました。水上のヒヨドリ。

・カワウは頭部が白い婚姻色の個体も多いです。リサーチ後の16:00前後、70羽±の群れが二つ合流し、そこに後から飛んできた個体や小群も加わって調査区域の下流で大集団を形成。夕焼けの中の黒い大群は、距離があったけど壮観でした。
・その近くでは20羽以上のコサギも群れをつくって集まっていました。

・危険じゃない+餌をくれると分かっているから、非常に人馴れしている大勢のユリカモメ達。人から数mの岩にも止まっていて、僕たちを目の前にしてうとうとと眠りに入るやつもいました。足やくちばしがオレンジ色の若い個体も多いです。3年ほどで成鳥になるらしい。
・セグロカモメは調査区域に数羽いますが、2羽以上一緒になることはまずなく、基本単独行動主義。

・オナガガモが盛んに「逆立ち採餌」。水面に浮かんでいるのに、底にまでくちばしは届くのかと思いますが、雌の全長は53cm(カモの中でも大きい方)、採餌していた辺りの水深は推定でその半分くらい。逆立ちして首を伸ばせば…届くはず。
・オオバンは10羽以上の群れをつくっていました。いつもより個体数は多いです。珍しくこちら側(登戸駅・神奈川県側)の岸に上陸してきましたが、人の姿に警戒してすぐにまた水の上へ…。

・トビは2回出現。カラスもいましたが、この日はモビングされませんでした。上空には川に沿った気流が流れているのか、大体いつも川と平行の向きに飛んで行く気がする。

・今年はあまり出が良くないモズでしたが、この日は、2羽が堰の近くにある神社の林に飛んできて、隣り合う2本の高木の樹上にそれぞれとまりました。そこが縄張りの境界か? 

・今回で多摩川野鳥リサーチは15回目。イソヒヨドリとアオジが加わって、確認された鳥は62種となりました。

by千葉県代表
[PR]
by nodai-yatyokai | 2007-01-16 11:14 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

第14回 多摩川野鳥リサーチ

06,11,12(日)  晴れ・風が寒い  11:15~14:20
多摩川中流・登戸駅付近(神奈川県川崎市多摩区・東京都狛江市)

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、トビ、オオバン、イカルチドリ、ハマシギ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、(ドバト)、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス (以上、30種+ドバト)


・常に吹く風のせいでめっさ寒い中、皆さんご苦労様でした。お日様の暖かさも実感…。風がつかの間収まった際の日なたの暖かさは、特に薄着気味なK氏にはありがたかったようです。(笑)
・強風で荒れ気味な水面のせいか、いつも上流で盛んに動き回って餌を追う通称アクティブコサギ(と思われる個体)も今日は岸でじっとしていました。

・調査初のカンムリカイツブリをメンバーが発見。一度潜るとなかなか出てきません…。カイツブリよりずっと大きい体が、より長時間の潜水を可能にしているのか。水面に出てきても2秒前後でまた潜ってしまったり。でもその後水面で羽づくろいをしていたので、みんなじっくり観察出来ました。
・カイツブリ類は波に強いのか?常連のカイツブリも波立つ中じっと浮かんでいました。完全な冬羽に移行済み。

・今季初も続出し、今年も冬鳥の季節の到来です。久しぶりの出現はユリカモメ、オオバン、ヨシガモ、キンクロハジロ、マガモ、タヒバリ。(確認順)
・オオバンは風で波立つ多摩川本流を避けて、中州で隔てられた対岸の釣り場付近に数羽が浮かんでいました。
・カモも3種が渡来。堰の下流に浮かんだり潜水したりのキンクロハジロの雄はまだ完全な冬羽にはなっていませんでしたが、マガモ・ヨシガモは分かりやすい冬羽に移行完了です。もっとも、共に頭が緑色の両種は、カモを見慣れていない人には少々見分けに手間取る存在のようです。
・先に入った最大勢力ヒドリガモにもまだ移行中の個体が。オナガガモの長い尾はまだ伸びてなかったです。ところで尾は目立っていないだけで、エクリプス状態の時からすでに伸び始めているんでしょうな…。
・堰の上下の水面にたくさんのカモ達がうじゃうじゃの光景は今年も健在。冬が深まるに連れ、もっと増えるといいなー。
・年中多いカワウもさらに増加。堰ですごい数が休息していました。堰に降りようとしたセグロカモメを追い払っていたし。

・いつもは調査区域ではハシボソガラスより影の薄い(環境のせいか)ハシブトガラスですが、この日は開始早々にドバトの死骸を食う数羽に遭遇。健康な個体が襲われるとは思えないので、弱ったやつかすでに死んだ個体でしょう。白い羽が辺りに舞っていました…。
・人のあげる餌にだけ頼っているワケではないことは、草むらの前で種子をついばんでいたことからも明らかですが、それは彼らも野鳥と同じく冬の厳しい食糧事情に直面しているということ。みんな大変だけど、生きてます。
・それにしても体色の個性が実に豊か。家禽は(家畜も)野生種に比べてこういう個体変異が多い傾向があるらしい。

・例によってカラス→トビのモビング。トビはもちろん、普通は複数のカラスも単独でしたが、1羽で大きいトビ相手に頑張っていました。

・カルガモの雌雄の見分けに挑戦。よく見ると下尾筒(かびとう。体の最後部、尾の下)の色が雄は雌より濃くてほぼ黒なんだとさ。となると、池に浮かんでいたのは雄1・雌1のつがいのようです。

・どこかにイカルチドリがいるはず!捜して!と頼まれ、次第に乗り気になって捜しまくり。終了間際、上流側の枯れ草がまばらに立つ石河原にてようやくうずくまる一羽を発見。やったね。風をしのいでじっとしていました。

by千葉県代表
[PR]
by nodai-yatyokai | 2006-11-30 00:55 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

第13回 多摩川野鳥リサーチ

06,10,15(日)  晴れ・風がけっこうある  10:35~14:30
多摩川中流・登戸駅付近(神奈川県川崎市多摩区・東京都狛江市)

カイツブリ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、トビ、チョウゲンボウ、イカルチドリ、イソシギ、セグロカモメ、(ドバト)、カワセミ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス (以上27+1種)


収穫祭前最後の多摩川です。参加者のみんなご苦労様、そして今後もよろしく!
リサーチの範囲は多摩水道橋の上流~宿河原堰の下流。

・農大野鳥の会の探鳥としては珍しく、実に珍しく晴れ!風が吹く秋晴れの下の多摩川リサーチは、川岸の樹上で鳴くモズの高鳴きで始まりました。うーん、秋っすねぇ。
・ただ、去年何羽もが鳴いていた橋上流では確認されず。

・カモ類が渡ってきました。ヒドリガモを中心に、何種もがまとまって行動。水面に群れていたかと思えば、すぐに飛び立ち川の上を飛び回ったあとまた着水、を繰り返していました。渡ってきた直後で落ち着かないのカモ。上空を帆翔するトビの姿にも反応してバサバサバサ。
・これからどんどん数・種類が増えていくと思います。今はまだ雄の大半がエクリプスですが、最も多いヒドリガモの中には、すでにほぼ冬羽に移行している個体も観られました。
・対してカルガモは2羽に減少。どこへ?

・川の上流にいたイカルチドリ。ハクセキレイに追われて結構なスピードで逃げて来ました。
・じっとしていると、石が保護色になったり、その影に隠れたりして探すのもいる位置を人に教えるのも手間取ります…。

・カワセミは前の冬確認された二ヶ嶺用水では観られず、先月に続き多摩水道橋の上流でその姿を発見。休日の人出を避けて、人影の少ない上流側に移動したのかもしれません。下くちばしが赤いので♀。別個体か同一個体かは不明ですが、堰にもいました。
・川岸で観察する僕たちの比較的に近くのテトラポットにとまったり、中州に移動してその岸近くでホバリング→ダイブしたり。
・そのすぐとなりに、ハシボソガラスが川の水面から何かを白くて四角いものを拾い上げて飛んできました。テトラポットにとまると、すぐにパクリ。食べ物には違いないけど…何だったんだろう。

・セキレイは、冬鳥のタヒバリはまだ来ていませんが、先月に続き黄色・白・黒と三色のセキレイが揃いました。
・キセキレイは堰(特に魚道)が観察ポイント。魚道の壁面を移動する昆虫などの水生動物を狙っているようです。黄色がとてもきれいでした。

by千葉県代表
[PR]
by nodai-yatyokai | 2006-10-19 03:27 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)