<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第19回多摩川野鳥リサーチ

07,4,15(水)  晴れ  10:45~13:15

カイツブリ、カワウ、コサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、オオバン、イソシギ、セグロカモメ、コアジサシ、キジバト、(ドバト)、ヒメアマツバメ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ツグミ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス  (以上28+1種)

今回の多摩川リサーチは千葉県代表氏が研究室で来られないとの事で、代わりに僕ひろきが様式そのままにお伝えします。

・穏やかな春の陽気で、桜は散ってしまいましたが、川には多くの人が遊びに来ていました。小さいお子さんとスコープでツグミを見たり、ベテランの方と少しディープな話をしたり、楽しんで来ました。

・ツバメがやってきました。いわゆる、”燕尾”で尾が開いているのが目立つ”ツバメ”と、お腹が白く、尾があまり開いていない”イワツバメ”と両方、見られました。そういえば、川には彼らが餌とする虫が多くなってきました。もちろん、多摩川では通年見られている”ヒメアマツバメ”も見られました。こちらは先の2種のツバメ科とは違い、アマツバメ科に属します。

・冬鳥のカモがまだ残っています。k氏が向けた双眼鏡の先には黒と白のコントラスト…キンクロハジロです。宿河原堰にはヒドリガモとマガモが。それぞれが番になっています。コガモの群れが慌しく堰を上下していましたが、猛禽の姿は見当たりませんでした…なぜ?

・コサギが宿河原堰の下側を群れで占拠していました。集団で餌とりか?セグロカモメも堰で羽がまだ淡い幼鳥と立派な成鳥の数羽が見られました。

・スコープでしか見えない河原ではセキレイ類がちょろちょろ。見慣れない鳥に照準を合わせると、どうやらタヒバリのよう。カイツブリやその他の野鳥は順調に夏羽に移ってきています。

・多摩川水道橋で、キリッ、キリッという鳴き声。コアジサシが来ていました。まだ1羽でしたが、これから増えてくるはず。


by ひろきe0098079_048304.jpg
[PR]
by nodai-yatyokai | 2007-04-19 13:59 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

新入生の皆さんへお知らせ

こんにちは。今月の予定をお知らせします。

・多摩川野鳥リサーチ…4/15(日)  10:30登戸駅集合
・新宿御苑探鳥会…4/21(土)     
 10:15代々木上原駅・登りホーム(小田原寄り)集合


持ち物…ある人は双眼鏡、図鑑。あと昼食代も

体験参加受付中です!参加希望の方はこの投稿のコメントに書き込んで下さい。また、勧誘の際などにもらったB5サイズの冊子に会長のメールアドレスが載っているので、分かる人はこちらに参加連絡・質問等を送ったほうが確実です。

※登戸駅の小田急線とJR南武線を連絡するデッキ部分が集合場所です。

[PR]
by nodai-yatyokai | 2007-04-12 18:03 | 活動全般+その他 | Comments(0)

月一探鳥会② 高尾駅周辺・多摩森林科学園

07,3,24(土)  曇り・晴れ 11:00~16:00

カルガモ、コガモ、オオタカ、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、イワツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス (計22種)


・春です!!桜を楽しみに、多種多様な桜が咲く高尾の森に行ってきました。色、花の形だけでなく、開花の時期もさまざまな桜が見られ、2月下旬から5月にかけて咲いていくそうです。人出の多さが気になっていましたが、実際に園内を歩くと人陰は少ない。…それもそのはず、桜がほとんど咲いていない! 咲く種類・品種が少ない時期に来ちゃったみたいです。
・とはいえ、咲いている木は咲いている。緑濃い森林を背景に、桜のピンクや白がとても映えます。普段見慣れているソメイヨシノとは違った色合いがいい感じ。会話も弾んで、楽しい森林ウォークでした。
・メジロが桜の蜜を吸いに来ていました。桜にメジロ。日本の春って感じです。
・もっと鳥が出ればなぁ…。ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジなどの姿や声が目立ちますが、それ以外の鳥影は少なかったです。

・林道沿いで鳴いていたシジュウカラが移動した木に樹洞が開いていて、中からもう一羽出てきました。つがいがこの樹洞を営巣場所に選んだようです。巣箱ではない天然の樹洞があるとはさすが森林科学園。
・杉の一番上にとまって、遠くからでも聞こえるさえずりを響かせていたのはヤマガラ。「ツーツーピピー、ツーツーピピー」を繰り返していました。
・ウグイス雄はさえずり初め。まだホーホケキョには遠く、ケキョ!…間を空けて、ケキョ!…(繰り返し)と単発で鳴いていました。地鳴きもよく聞こえてきます。
・オオタカだ!立派な成鳥が、森の上空をまっすぐ高尾山方面へ飛んでいきました。僕しか確認できなかったのが残念。探鳥会で一人だけ見る、というのはリーダーとして微妙な気分だったりします。
・坂道を歩いていると、斜面の下の低木にビンズイを発見。地上に降りたきりどこにいるのか探しても探しても姿が見えなくなってしまいました。…どこへ…?

・高尾駅と森林科学園との間に流れる川も探鳥ポイントです。カワセミが2羽見られ、飛び込みも見せてくれました。狩りは失敗みたいだったけど。
・川沿いの家のアンテナや電線で、セグロセキレイが普段とは違う澄んだ声でさえずっていました。その後はヅヅッ、ヅヅッといつもの声で川へ降りていきました。

・高尾駅前では、駅または周辺で営巣に入るであろうヒメアマツバメとイワツバメが多数飛んでいます。ヒメアマの方がずっと多いです。こんなに近くでヒメアマを観られて良かった良かった。

多摩森林科学園…JR・京王線高尾駅北口から徒歩10分。ちなみに、高尾山は次の駅(京王線終点)・高尾山口駅で下車。

by千葉県代表
[PR]
by nodai-yatyokai | 2007-04-04 16:23 | 探鳥会 | Comments(0)