<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2月探鳥会

日時:2月16日(木)11時~15時 天気:晴れ 場所:印旛沼
確認できた鳥:ホオジロ、ノスリ、セグロカモメ、ジョウビタキ、ツグミ、オオジュリン、イソヒヨドリ、コガモ、オナガガモ、ヨシガモ、カルガモ、マガモ、タヒバリ、スズメ、ハシボソガラス、チュウヒ、トビ、ハヤブサ、タゲリ、ケリ、キジバト、カワラヒワ、ヒヨドリ、ムクドリ、オオハクチョウ、ヒバリ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、イソシギ、オオセグロカモメ、ユリカモメ、ミサゴ、ハイイロチュウヒ、モズ、ハシブトガラス、メジロ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カシラダカ、アオジ、オオタカ  ドバト、モモイロペリカン
計49種+2種


こんにちは。今回ブログを担当するF.Aです。更新遅れて申し訳ありません。
2月の探鳥会は千葉県の印旛沼で、車で甚兵衛公園から北印旛沼と周辺の田んぼをぐるっと回る形で行いました。この日は天気も良く、鮮やかなヨシガモやタゲリが見られました。
途中、白鳥の郷にも訪れました。今シーズンは鳥インフルエンザ対策で餌やりは自粛しているそうですが、それでも池を埋め尽くすような白鳥が来ていました。印旛沼にに白鳥が飛来していることも知らなかったのですが、こんなにたくさんの白鳥が見られるとは驚きでした。
今回は少人数でしたが、チュウヒやノスリなどの猛禽類もたくさん飛んでくれて充実した探鳥会となりました。次はもっと人を誘って来たいですね。

e0098079_23243373.jpg
水路を歩くイソシギ

e0098079_23261725.jpg
オオバン(上)とヨシガモ(下)
狩猟も行われる場所なので水鳥は少し警戒心が強いけれど、沼の北のほうではカモも近くを泳ぐ姿が見られました。

e0098079_2328533.jpg
白っぽくてきれいなチュウヒ

e0098079_23285868.jpg
20年くらい印旛沼に住んでいるというモモイロペリカン
[PR]
by nodai-yatyokai | 2017-03-21 13:50 | 探鳥会 | Comments(0)

3月多摩川リサーチ

日時:3月8日(水)
天気:晴れ
見られた鳥:カルガモ、マガモ、コガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、オナガガモ、オカヨシガモ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、バン、オオバン、カワウ、コサギ、アオサギ、セグロカモメ、ユリカモメ、トビ、イソシギ、カワセミ、ツグミ、アオジ、ムクドリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ヒバリ(鳴き声)、ホオジロ、メジロ、シジュウカラ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
計35種

こんにちは、今回ブログを担当いたしますT.Tです。よろしくお願いします。
3月に入り暖かい日が続いておりますが、この日は特に暖かく、気温は ℃程まで上がりました。春の渡りのシーズンが始まりつつありますが、登戸では今回はまだシギ・チドリ類は見られませんでした。
調査地中流域では、夏羽と冬羽の個体が混在するカンムリカイツブリの群れの中にウミアイサが見られました。
堰では、カモの大群の中にオカヨシガモ×ヨシガモ、ヒドリガモ×アメリカヒドリと思われる交雑個体も見られました。
調査終了後には、調査地近くのアシ原でウグイスの”ぐぜり”(さえずりの練習。ホーホケッ...、などのように途中で止まってしまう)も確認できました。
以上で報告を終わります。
e0098079_13133653.jpg
ヒドリガモ×アメリカヒドリの交雑種(推定)
首から目の部分にかけてアメリカヒドリの影響と思われる緑色のラインが見られます。
昨年秋ごろに見られた交雑種とは頭の模様が違うため別個体と思われますが、頭の緑の光沢が小さいことから変異個体の可能性も示唆されるため、推定です。
e0098079_13265650.jpg
オカヨシガモ×ヨシガモの交雑種
オカヨシガモの色が強いですが、頭の光沢や胸の模様など、随所にヨシガモの特徴が見られます。
e0098079_13354066.jpg

堰へ飛び移るオカヨシガモ


e0098079_13153567.jpg
ホオジロ
e0098079_13160278.jpg
バン
3月になってようやく見ることができました。
e0098079_13154703.jpg
ウミアイサ(左)、カンムリカイツブリ(右)
e0098079_13151790.jpg
モズ(♀)

[PR]
by nodai-yatyokai | 2017-03-19 14:29 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

2017奄美大島春合宿

日程:2017年2月26日~28日 場所:奄美大島 
参加者:6名(大学3年1名、2年3名、1年2名)

見られた鳥:ヒヨドリ、シジュウカラ、カルガモ、ルリカケス、トビ、ハヤブサ、クロサギ、ダイサギ、コサギ、ウグイス、リュウキュウコノハズク、キジバト、ズアカアオバト、シロハラ、ヤマガラ、オーストンオオアカゲラ、キセキレイ、イワミセキレイ、カラスバト(鳴き声)、ノスリ、オオタカ、ジョウビタキ、サシバ、ヒバリ、カワウ、サンショウクイ、リュウキュウハシブトガラス、スズメ、アトリ、リュウキュウツバメ、メジロ、コゲラ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、カワセミ、アマミヤマシギ、イソシギ、ミサゴ、アオサギ、イソヒヨドリ、チョウゲンボウ、アカヒゲ、コチドリ、モズ、セッカ、コガモ、オナガガモ、ウグイス、オオバン、ムナグロ、ダイゼン、キョウジョシギ、ハマシギ、計53種

こんにちは、ブログ担当するK.Tです。今年の春合宿は奄美大島で行いました!
<1日目>
16時頃に奄美空港到着。小雨の中大瀬海岸に直行、天気が悪かったので一同あまり期待していなかったのですが…岩の陰にハヤブサを発見!他にもクロサギやダイサギなど確認しました。その後フォレストポリスに向かい、夜に林道流しをしました。

e0098079_21074784.jpg
ハヤブサ
e0098079_22174818.jpg
アマミヤマシギ
<2日目>
早朝に湯湾岳で探鳥会、昼間は金作原組とマングローブ原生林組と分かれ行動しました。合流した後大浜海浜公園へ行き、ビーチコーミング・集合写真を撮りました。この日はサシバが多く見られ、サシバが渡り始めていることを確認しました。夜は林道流し、有志のカエル探索。夜は視界が真っ暗になるので、ビビりながらのカエル探索でしたが何かのレベルが上がった気がします。
e0098079_22363760.jpg

サシバ
e0098079_22370206.jpg
大浜海浜公園
e0098079_22190027.jpg
アマミアオガエル
<3日目>
最終日。朝はフォレストポリス周辺で探鳥会、昼間は奄美自然観察の森に行き、最後に大瀬海岸に寄りました。その後、16時に奄美空港を出発しました。
e0098079_22364424.jpg
ルリカケス
e0098079_22185220.jpg

奄美自然観察の森 アカヒゲ

<最後に>短い滞在期間でしたが、奄美大島固有の生物・少々の文化に触れることができ、良い合宿になったのではないかと思います。他にも多く写真があるのですが個人的に選ばせていただきました。長文になりましたが最後まで読んでくださりありがとうございました。


[PR]
by nodai-yatyokai | 2017-03-05 23:04 | 合宿 | Comments(0)