3月多摩川リサーチ

日時:3月8日(水)
天気:晴れ
見られた鳥:カルガモ、マガモ、コガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、オナガガモ、オカヨシガモ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、バン、オオバン、カワウ、コサギ、アオサギ、セグロカモメ、ユリカモメ、トビ、イソシギ、カワセミ、ツグミ、アオジ、ムクドリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ヒバリ(鳴き声)、ホオジロ、メジロ、シジュウカラ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
計35種

こんにちは、今回ブログを担当いたしますT.Tです。よろしくお願いします。
3月に入り暖かい日が続いておりますが、この日は特に暖かく、気温は ℃程まで上がりました。春の渡りのシーズンが始まりつつありますが、登戸では今回はまだシギ・チドリ類は見られませんでした。
調査地中流域では、夏羽と冬羽の個体が混在するカンムリカイツブリの群れの中にウミアイサが見られました。
堰では、カモの大群の中にオカヨシガモ×ヨシガモ、ヒドリガモ×アメリカヒドリと思われる交雑個体も見られました。
調査終了後には、調査地近くのアシ原でウグイスの”ぐぜり”(さえずりの練習。ホーホケッ...、などのように途中で止まってしまう)も確認できました。
以上で報告を終わります。
e0098079_13133653.jpg
ヒドリガモ×アメリカヒドリの交雑種(推定)
首から目の部分にかけてアメリカヒドリの影響と思われる緑色のラインが見られます。
昨年秋ごろに見られた交雑種とは頭の模様が違うため別個体と思われますが、頭の緑の光沢が小さいことから変異個体の可能性も示唆されるため、推定です。
e0098079_13265650.jpg
オカヨシガモ×ヨシガモの交雑種
オカヨシガモの色が強いですが、頭の光沢や胸の模様など、随所にヨシガモの特徴が見られます。
e0098079_13354066.jpg

堰へ飛び移るオカヨシガモ


e0098079_13153567.jpg
ホオジロ
e0098079_13160278.jpg
バン
3月になってようやく見ることができました。
e0098079_13154703.jpg
ウミアイサ(左)、カンムリカイツブリ(右)
e0098079_13151790.jpg
モズ(♀)

[PR]
# by nodai-yatyokai | 2017-03-19 14:29 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

2017奄美大島春合宿

日程:2017年2月26日~28日 場所:奄美大島 
参加者:6名(大学3年1名、2年3名、1年2名)

見られた鳥:ヒヨドリ、シジュウカラ、カルガモ、ルリカケス、トビ、ハヤブサ、クロサギ、ダイサギ、コサギ、ウグイス、リュウキュウコノハズク、キジバト、ズアカアオバト、シロハラ、ヤマガラ、オーストンオオアカゲラ、キセキレイ、イワミセキレイ、カラスバト(鳴き声)、ノスリ、オオタカ、ジョウビタキ、サシバ、ヒバリ、カワウ、サンショウクイ、リュウキュウハシブトガラス、スズメ、アトリ、リュウキュウツバメ、メジロ、コゲラ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、カワセミ、アマミヤマシギ、イソシギ、ミサゴ、アオサギ、イソヒヨドリ、チョウゲンボウ、アカヒゲ、コチドリ、モズ、セッカ、コガモ、オナガガモ、ウグイス、オオバン、ムナグロ、ダイゼン、キョウジョシギ、ハマシギ、計53種

こんにちは、ブログ担当するK.Tです。今年の春合宿は奄美大島で行いました!
<1日目>
16時頃に奄美空港到着。小雨の中大瀬海岸に直行、天気が悪かったので一同あまり期待していなかったのですが…岩の陰にハヤブサを発見!他にもクロサギやダイサギなど確認しました。その後フォレストポリスに向かい、夜に林道流しをしました。

e0098079_21074784.jpg
ハヤブサ
e0098079_22174818.jpg
アマミヤマシギ
<2日目>
早朝に湯湾岳で探鳥会、昼間は金作原組とマングローブ原生林組と分かれ行動しました。合流した後大浜海浜公園へ行き、ビーチコーミング・集合写真を撮りました。この日はサシバが多く見られ、サシバが渡り始めていることを確認しました。夜は林道流し、有志のカエル探索。夜は視界が真っ暗になるので、ビビりながらのカエル探索でしたが何かのレベルが上がった気がします。
e0098079_22363760.jpg

サシバ
e0098079_22370206.jpg
大浜海浜公園
e0098079_22190027.jpg
アマミアオガエル
<3日目>
最終日。朝はフォレストポリス周辺で探鳥会、昼間は奄美自然観察の森に行き、最後に大瀬海岸に寄りました。その後、16時に奄美空港を出発しました。
e0098079_22364424.jpg
ルリカケス
e0098079_22185220.jpg

奄美自然観察の森 アカヒゲ

<最後に>短い滞在期間でしたが、奄美大島固有の生物・少々の文化に触れることができ、良い合宿になったのではないかと思います。他にも多く写真があるのですが個人的に選ばせていただきました。長文になりましたが最後まで読んでくださりありがとうございました。


[PR]
# by nodai-yatyokai | 2017-03-05 23:04 | 合宿 | Comments(0)

2月多摩川リサーチ

日時:2月4日(土)
天気:晴れ
見られた鳥:オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、トビ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、セッカ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、アオジ、イカルチドリ、計37種

こんにちは、今回ブログを担当するK.Tです。この日は前日に会員の自宅にて後期納会を行ったため少し遅めに調査をスタートしました。部屋を使わせてくれてありがとうM君!
 今回のリサーチには他大の方と顧問の先生も参加してくださったのでにぎやかなリサーチになりました。気温は低く、寒さを感じましたがとても晴れており良い鳥見日よりとなりました。鳥は下流と堰の付近に集中しており、カモのカウントに時間がかかりましたがカモの判別の良い勉強となりました。キセキレイも堰で見つかり、みなうれしそうでした。せせらぎ館の野鳥の会の展示も無事に終了し、ほっとした気持ちです。みなさんお疲れ様でした!次回もよろしくお願いします!
e0098079_1116126.jpg

スズメ
e0098079_11171111.jpg

ヒヨドリ
e0098079_1116568.jpg

ハシビロガモ
e0098079_11163818.jpg

キセキレイ
[PR]
# by nodai-yatyokai | 2017-02-09 11:20 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

1月探鳥会

日時:1月15日(日)
天気:晴れ/曇り
開催地:JR御岳駅周辺、御岳山
鳥相リスト
ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、ダイサギ、カワウ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、コガラ、ヤマガラ、エナガ、コゲラ、カケス、アトリ、ウソ、メジロ、ツグミ、ジョウビタキ、ルリビタキ、アオゲラ、マヒワ、アオジ、カワセミ
計26種

こんにちは。今回ブログを担当いたしますT.Tです。よろしくお願いします。
昨年10月の葛西臨海公園以来、三か月ぶりの探鳥会は青梅市の御岳山にて実施しました。
この日は、最強寒波の襲来に伴い、天気こそ良かったものの気温は5℃程で、山道がところどころ雪に覆われ、凍結している状態でした。気温の低さと、雪による悪路が相まって、高尾山気分の装備ではかなりハードな探鳥会になってしまったので、次回以降はきちんと装備を整えて御岳山に臨みたいと思います。
さて、鳥の観察記録の方は、ケーブルカーの駅からビジターセンターに向かうまでの道中で、スギに集まるシジュウカラ、ヤマガラ、コガラの群れを見ることができました。
ビジターセンターのレンジャーの方におすすめのポイントを教えていただき、施設周辺ではカケスが見られました。日によってはオオタカが飛ぶこともあるそうです。
それ以降は、展望台を中心にジョウビタキ、ルリビタキ、アオゲラ、アトリ、マヒワ等、彩り豊かな鳥たちを観察できました。
下山して以降は、川辺に降りてヤマセミを探しましたが、結局見つからず、日没も近くなりタイムアップとなりました。会おうとするとなかなか会えないのも、ヤマセミの魅力の一つですね。
以上で報告を終わります。
e0098079_2343311.jpg

枝が被ってわかりにくいですが、カケスです。
e0098079_23412857.jpg

カラスザンショウの実を食べに来たツグミ
e0098079_23451396.jpg

e0098079_23471357.jpg

同じくジョウビタキ雌
e0098079_035347.jpg

ルリビタキ雄
e0098079_23485799.jpg

アオゲラ
e0098079_010131.jpg

e0098079_23501778.jpg

ジョウビタキ雄 ムカデ(ヤスデ?)を捕食
[PR]
# by nodai-yatyokai | 2017-01-21 00:11 | 探鳥会 | Comments(0)

1月多摩川リサーチ

日時:1月8日(日)
天気:曇り時々雨
見られた鳥:オカヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ヒメアマツバメ、イソシギ、イカルチドリ、ユリカモメ、セグロカモメ、トビ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ(声)、アオジ、カシラダカ
計35種
こんにちは。今回ブログを担当いたしますO.Sです。よろしくお願いします。
この日は、ひたすら寒かったです。鳥達はそんな寒さはお構いなしと元気に暮らしていました。しかし、ドバドとカモの死骸が見つかりました。やはり、冬は動物達にとって厳しい季節なんだなと思いました。
さて、最初に驚いたことは冬なのにツバメが飛んでいました。私たちが普段見ている種類とは違い、ヒメアマツバメと呼ぶそうですが、それでも大変驚きました。あまりにも速い上に、天候が悪かったので、うまく撮れませんでした。川に着いたら、カモがたくさん泳いでいました。消防関連のイベントをやっていたので、それに驚いて逃げていたのでしょう。図鑑で勉強したのでだいぶわかるようになりましたが、それでもカモの雌の識別は難しいです。後、冬の鳥であるツグミを見ました。この鳥を見ると冬になったのだなあと思ってしまいます。さらに、上流部ではモズを見かけました。しかし、鳴きまねは見られませんでした。中流辺りでは、アオジを見かけました。可愛かったです。
今回は寒すぎて、集中してリサーチ出来ませんでしたので、次回からは防寒対策をしっかりしようと思います。
以上で報告を終わります。
e0098079_16532218.jpg
カンムリカイツブリ
e0098079_17004622.jpg
カイツブリ
e0098079_17032500.jpg
コガモ(オス)
e0098079_17083533.jpg
オナガガモ
e0098079_17044590.jpg
お尻を出して潜水してます。可愛いです。
e0098079_17113066.jpg
たくさんのスズメが枯れたススキにとまってます。
e0098079_17185290.jpg
ムクドリ

e0098079_17140380.jpg
アオジ
e0098079_17144838.jpg
ツグミ

e0098079_17152724.jpg
ちなみにハクセキレイの幼鳥も見れました。可愛かったです。










[PR]
# by nodai-yatyokai | 2017-01-10 14:25 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

12月多摩川リサーチ

日時:12月17日(土)
天気:晴れ
見られた鳥:オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、トビ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ジュウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、ベニマシコ、イカルチドリ
計33種

こんにちは。今回ブログを担当いたしますT.Tです。よろしくお願いします。
12月も終盤に差し掛かり、なにかと騒がしい時期になりましたが、鳥たちはわれ関せずといつもマイペースです。
この日は、比較的気温が高く、天気も良かったため、活発に活動している個体が多くベニマシコなど珍しい鳥も見られました。
今月もヒドリガモとアメリカヒドリガモの交雑種が見られました。中流域では、カワセミの鳴き真似をするモズを発見。「百舌鳥」という名を冠する所以を再確認できました。
ヨシ原ではジョウビタキ、ベニマシコ、ホオジロ、ツグミなど彩り豊かな面々が見られました。ベニマシコは2組のつがいが見られ、オスの綺麗な紅色をしっかり拝むことができました。
以上で報告を終わります。
e0098079_1521387.jpg

コンクリートの縁を歩くイソシギ
e0098079_152387.jpg

並ぶユリカモメ
e0098079_15242384.jpg

ホオジロ。あちこちから鳴き声が聞こえました。
e0098079_1526373.jpg

ジョウビタキ♀
e0098079_153258.jpg

ベニマシコ
[PR]
# by nodai-yatyokai | 2016-12-24 15:33 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

11月多摩川リサーチ

日時:11月12日(土)
天気:晴れ
見られた鳥:オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、チョウゲンボウ、カワセミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ハシブトガラス、ハシボソカラス、ヒバリ、セッカ、シジュウカラ、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、メジロ、イソヒヨドリ
計29種

こんにちは。今回ブログを担当しますR.Kです。よろしくお願いいたします。
季節が冬に移り始め、多摩川に現れる野鳥も冬鳥の数が増えてきており、様々なカモの種類・雄雌の識別の良い練習機会となりました。カウントは一苦労でしたが、中にはヒドリガモとアメリカヒドリの交雑種もおり興味深かったです。
寒い中での観察でしたがチョウゲンボウが飛ぶ姿も見られ、ハシブトガラスの群れに追われても上手くかわす背中に思わず声援を送ってしまいました。
また小池にカワセミがおり、ちょうど魚をくわえた姿が見られました。
帰り際にせせらぎ館に立ち寄り、野鳥に関しての耳よりの情報を得ることもできました。多摩川リサーチ観察拠点付近でもまだまだ観察したことがない野鳥が沢山いるそうなので、今後の活動の中で見つけていきたいです。
以上で報告を終わります。
e0098079_22250013.jpg
寒そうなユリカモメたち
e0098079_22314418.jpg
ヒドリガモとアメリカヒドリの交雑種(♂)
画像ではわかりづらいですが、微かに目の周囲が緑色の光沢を帯びています
e0098079_22234051.jpg
カワセミ(♂)
小魚をくわえています
違う場所でももう一羽観察できました
e0098079_22244005.jpg
カメラ目線ばっちりのユリカモメ


[PR]
# by nodai-yatyokai | 2016-11-14 22:43 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

9月 探鳥会

日時:9月26日(日)
天気:曇り
場所:東京港野鳥公園
見られた鳥: ミサゴ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ、ダイサギ、ゴイサギ、
カイツブリ、キセキレイ、ムクドリ、カワウ、カルガモ、ツツドリ、コガモ、
シマアジ、カワセミ、バン、アオサギ、オナガ、スズメ、コサギ、コサメビタキ、チュウサギ、トビ、アマサギ、シジュウカラ、イソシギ
計26種

こんにちは。今回ブログを担当するK.Mです。よろしくお願いします。
ブログの更新が遅れてしまい申し訳ございませんでした。
9月の探鳥会は東京港野鳥公園に行ってきました。
野鳥公園についてすぐにミサゴが上空を旋回していました。
ミサゴを見ることができるとい海辺の公園の良さを実感しました。
公園をしばらく歩いて淡水池に着くとツツドリを見ることができました。
ツツドリは初めて見たのでとても嬉しかったです。
東京港野鳥公園はシギ・チドリ類を見ることができるということで有名ですが、
探鳥会の一週間前に来た台風の影響で干潟が浸水してしまい、
少ししか見ることができませんでした。
帰り道にコサメビタキを見ることができました。
すぐに飛び立ってしまったので少ししか見ることができませんでしたが、
とてもかわいかったです。
e0098079_1421240.jpg

e0098079_1492834.jpg

e0098079_1343262.jpg

e0098079_135974.jpg

e0098079_138113.jpg

e0098079_1353724.jpg

[PR]
# by nodai-yatyokai | 2016-11-04 01:54 | 探鳥会 | Comments(0)

10月探鳥会

10月23日(日) 天気:晴れ
会員が実際に観察した鳥
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、アオアシシギ、ハマシギ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、イソヒヨドリ、エゾビタキ、ノビタキ、スズメ、ハクセキレイ、マミチャジナイ(声のみ)
計40種
実際に観察は出来なかったが、他の参加者の方が見た鳥
オカヨシガモ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、バン、オオソリハシシギ、ダイシャクシギ、キアシシギ、イソシギ、オオセグロカモメ、ヤマガラ、ヒバリ、ジョウビタキ、キビタキ、キセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、オオジュリン
計17種

合計57種

こんにちは。今回ブログを担当いたしますT.Tです。よろしくお願いします。
10月の探鳥会は、10月23日に葛西臨海公園で行われたヤング探鳥会に参加するという形で実施いたしました。100人を超える参加者の方々と一緒に、レンジャーさんの誘導に従って公園内を一周しました。
この日は天気が良く、上空を飛ぶ猛禽類をよく観察することができました。
公園中央部の芝生広場では、針葉樹の先端に止まったモズが高鳴きをしていました。
海岸部では、トビ、ミサゴ、ハマシギ、イソヒヨドリ(♀)の他に、500羽以上のウミネコ類の群れも見られました。
鳥類園に入ると、冬鳥のカモ類が目立ち、スズガモは海岸部を合わせてなんと3000羽もいたそうです。他にも、池にはオオバン、アオアシシギが見られました。ヨシ原に生えたススキに止まったノビタキは、強風に煽られて何度も吹き飛ばされていました。
レンジャーさんや他の参加者の方々、他大学の方々とも交流を深められ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
以上で報告を終わります。
e0098079_17502997.jpg

木の先端に止まるモズ。
e0098079_17514585.jpg

上空を滑空するミサゴ。
e0098079_17522386.jpg

同じくノスリ
e0098079_1753466.jpg

ノスリにちょっかいを出すカラス。
e0098079_1754166.jpg

ウミネコの群れ ユリカモメ、セグロカモメの姿もちらほらと見られました。
e0098079_17554717.jpg

池で見られたアオアシシギ。
e0098079_17574562.jpg

すぐ近くのススキに止まってくれたノビタキ。強風に翻弄されていました。
[PR]
# by nodai-yatyokai | 2016-11-03 18:02 | 探鳥会 | Comments(0)

10月多摩川リサーチ

10月15日(土) 天気:晴れ
見られた鳥
ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、カワセミ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、セッカ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イカルチドリ、ハジロチドリ
計23種
こんにちは。今回ブログを担当しますO.Yです。よろしくお願いします。
今回の野鳥観察は清々しい天気の中実施することが出来ました。
観察の中でカワセミを二匹見ることができ、実際に魚を取る場面も見られました。
カワウやコサギの数が多く、数えるのが大変でした。
また、イカルチドリやハジロチドリも来ていて、可愛らしい姿が見られました。
僕は今回が初めての多摩川野鳥リサーチでした。まだ鳥の名前を完全に覚えていない部分もあり、すぐに名前が出てこないことが多かったので、これからの多摩川リサーチに参加していく中で覚えていきたいです。野鳥をたくさん見ることが出来たので良かったです。
以上で、報告を終わります。
e0098079_20550452.jpg
画像は小さいですが実際にカワセミが魚をとる姿も見られました。
e0098079_21014237.jpg
カワウは300羽以上も確認できました!たくさん居てビックリしました。
e0098079_21070963.jpg
今回は珍しくイカルチドリの姿もみられました。
e0098079_21095456.jpg
リサーチ終了間際には可愛らしいイソシギもいました。



[PR]
# by nodai-yatyokai | 2016-10-31 21:24 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)