8月多摩川リサーチ

日時:8月27日(月) 
天気:晴れ
見られた鳥:スズメ、ツバメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ドバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カワウ、カイツブリ、カルガモ、カワセミ、ハクセキレイ、ムクドリ、カワラヒワ、トビ、オオヨシキリ、ヒヨドリ、ゴイサギ、セグロセキレイ
計20種

こんにちは、今回のブログを担当するO.Sです。
今月もとても暑く、非常に辛いリサーチとなりました。そろそろ涼しい日が来て欲しいです。(笑)

野鳥に関しては、中流辺りの池でカイツブリの親子とオオヨシキリが見られました。親鳥についてくるヒナがとても可愛いかったです。
給餌しているところも観察できました。同じところで、オオヨシキリが芦原を華麗に飛び回っていましたが、その様子を写真に収めることはできませんでした。
また、せせらぎ館辺りで、ゴイサギのひな2羽とカワセミを見ました。普段のゴイサギのひなは寝ていますが、今回は珍しく起きていたらしく、活発に行動していました。寝ている姿がとても可愛いので、その姿を見ることが出来なかったのは残念でした。

今回は前回より種類が増えていて嬉しいです。今後見られる種類が増えていくことを期待しています。
以上で報告を終わります。

e0098079_18160673.jpg
カワセミ


e0098079_18183218.jpg
ゴイサギのひな(ドアップ)

e0098079_18195775.jpg
草陰に隠れるカイツブリのヒナ


[PR]
# by nodai-yatyokai | 2018-09-06 18:22 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

7月多摩川リサーチ

日時:7月21日(土) 
天気:晴れ
見られた鳥:スズメ、ツバメ、ハシブトガラス、キジバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カワウ、カイツブリ、カルガモ、カワセミ、ハクセキレイ、ムクドリ
計14種

こんにちは。試験期間のために更新が遅れてしまい申し訳ありません。今回のブログを担当するO.Sです。
記録的な猛暑により、地獄のようなリサーチでした。余りにも暑すぎて、鳥の数が少なかったです。鳥も暑さにへばってしまったのでしょうか。
しかし、そんな酷暑の中でも収穫はありました。それは、2羽のカワセミです。2羽とも若鳥だったのか、木の枝や枯れ葉を使って狩りの練習をしていました。その姿がとても愛くるしく、暑さを忘れるほど見入ってしまいました。近くで一瞬、2羽とは違う個体のカワセミが見られましたが、おそらく2羽の親鳥だと思われます。2羽の成長をひそかに見守っているのかもしれませんね。
今回のリサーチの収穫はこれだけでしたが、とても有意義なリサーチだったと思います。今年の夏は暑いので、8月のリサーチは、水分をしっかりとっていきたいと思います。
以上で報告を終わります。

e0098079_17363901.jpg
2羽のカワセミ

e0098079_17374807.jpg
羽繕いをするカワセミ

e0098079_17402186.jpg
飛ぶカワセミ

e0098079_17305049.jpg
コゲラの食痕か?

e0098079_17390362.jpg
羽を伸ばすカワウ










[PR]
# by nodai-yatyokai | 2018-08-10 17:43 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

6月多摩川リサーチ

日時:6月17日(日)
天気:曇り
見られた鳥:スズメ、ハクセキレイ、カルガモ、ツバメ、ハシボソガラス、トビ、コサギ、アオサギ、カワウ、カイツブリ、コアジサシ、ムクドリ、ダイサギ
計13種

こんにちは、今回のブログを担当するO.Sです。
天候があまり良くないためか、前回より鳥の種類が少なく、今回もしょっぱいリサーチとなってしまいました。ここのところ、あまり鳥が多摩川に着ていないので、少し心配ですね。
しかし、今回のしょっぱいリサーチでも収穫はありました。
一つ目は、巣立ちしたばかりの子ツバメを見れたことです。電線に止まっていて、両親から餌をもらっていました。可愛かったです。
二つ目は、コアジサシが前回より多く見れたことです。奥の方に群がっていて、思わず面食らいました。魚をくわえている個体も見られました。
今回のしょっぱいリサーチでも、この2つの収穫のおかげで、とても有意義なリサーチになりました。次回はより多くの鳥が見られるといいですね。

e0098079_17311459.jpg
巣立ちしたばかりの子ツバメ。とても可愛いです。

e0098079_17330639.jpg
                 トビ

e0098079_17360381.jpg
手前がアオサギとカワウ。奥の方がコアジサシです。魚をくわえている個体もいますね。

[PR]
# by nodai-yatyokai | 2018-06-17 17:39 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

4月多摩川リサーチ

日時:4月14日(土)
天気:曇り
見られた鳥:オオバン、カイツブリ、アオサギ、コサギ、ダイサギ、カワウ、ユリカモメ、セグロカモメ、カルガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、コガモ、トビ、ツバメ、ムクドリ、モズ、シジュウカラ、ツグミ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
計21種

こんにちは。更新が大変遅れてしまい申し訳ありません。今回のブログを担当するT.Tです。よろしくお願いします。

さて、新年度が始まり、新入生も加わって行われた今回の多摩川リサーチは今までとは違った新鮮な雰囲気でした。来てくれた1年生の皆さん、ありがとうございました。

野鳥に関しては、カモ達が続々と北へ帰っていくため種類も数も前回よりも明らかに少なくなっていました。ユリカモメは冬羽から夏羽に変わる途中で、今の時期にしか見られないごましお模様をしていました。また、今回はせせらぎ館の下にある堰周辺でコサギが25羽確認されました。この辺りは行くたびに違う種類の水鳥がまとまって見られる傾向にある気がします(カワウ、ヒドリガモ、コガモなど)。理由はよくわかりませんが、このような変化を発見できることが定点観測の良いところだと思います。

以上で報告を終わります。

e0098079_11230012.jpg
枯葉を運ぶムクドリ
何かに使うのでしょうか?
e0098079_11222724.jpg
夏羽に変わる途中のユリカモメ
ごま塩頭がかわいいですね
e0098079_11223808.jpg
オカヨシガモの雌(写真左)と雄(写真右)
雌雄が並んで泳ぐ姿がよく確認されます
e0098079_11225077.jpg
陸地で休息するコサギ
一か所でまとまって見られる理由は不明


[PR]
# by nodai-yatyokai | 2018-06-11 12:07 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

5月多摩川リサーチ

日時:5月27日(日)
天気:晴れ
見られた鳥:スズメ、トビ、ムクドリ、コサギ、ハシブトガラス、カイツブリ、コアジサシ、アオサギ、ツバメ、オオヨシキリ(声)、ハシボソガラス、カルガモ、カワセミ(声)、イソシギ、カワウ
計15種

こんにちは、今回ブログを担当するO.Sです。
今回はかなり鳥の種類が少なく、しょっぱいリサーチとなってしまいました。とても残念です。しかし、コアジサシが見れたことは、とても嬉しかったです。後、オオヨシキリがせわしなく鳴いていました。コアジサシやオオヨシキリのような夏鳥が見られるようになってきているので、もう、すぐそこに夏が来ているのかもしれません。
このまま今回のようなしょっぱいリサーチが続くと、心が寂しくなってしまうので、次回こそは、多くの種類の鳥が見られるといいですね。

e0098079_12063314.jpg
囀るシジュウカラ

e0098079_12082304.jpg
コサギ

e0098079_12055319.jpg
小さいですが、飛んでいるコアジサシ




[PR]
# by nodai-yatyokai | 2018-06-09 12:12 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

3月多摩川リサーチ

日時:3月17日(土)
天気:晴れ
見られた鳥:アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、バン、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、
イソシギ、セグロカモメ、トビ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、イワツバメ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ
計27種

こんにちは、今回ブログを担当するO.Sです。今回は天候は良かったものの、鳥の種類は前回より少なかったので、少し残念です。しかし、ハシビロガモという、珍しい種類のカモを見れて、とても嬉しいです。また、カワセミを何度も見ることができたのも嬉しかったです。特にカワセミが猛スピードで飛んでいる姿に驚きました。春が訪れたのか、ツバメが飛び交ってました。ツバメの登場は嬉しかったのですが、飛ぶスピードが速すぎてうまく撮れませんでした。ツバメの写真を撮るには、相当な努力が必要みたいです。
以上で報告を終わります。

e0098079_23000779.jpg
採餌中のハシビロガモ

e0098079_23010013.jpg
ハシビロガモの雄と雌

e0098079_23013182.jpg
桜のつぼみをつつくシジュウカラ


[PR]
# by nodai-yatyokai | 2018-03-20 23:02 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

2月探鳥会

日時:2月23日(金)
天気:曇り時々雨
場所:彩湖・道満グリーンパーク

見られた鳥:ツグミ、ムクドリ、ハシボソガラス、ユリカモメ、スズメ、ハクセキレイ、オオバン、アオサギ、カワウ、ハシブトガラス、セグロカモメ、カンムリカイツブリ、カイツブリ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ダイサギ、ホオジロ、カワラヒワ、コガモ、アオジ、シジュウカラ、ジョウビタキ、エナガ、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ヒバリ
計27種

こんにちは。今回ブログを担当いたしますR.Kです。
今月は、彩湖・道満グリーンパークにて探鳥会を行いました。私にとっては初めての場所だったので、楽しみに思っていたのですが、天気はあいにくの雨・・。さらにちょうど同じ時間にマラソン大会が行われていました。そのせいもあってか見られたらいいなと思っていた、ハヤブサやシラコバトは見ることができませんでした。
さらに彩湖周辺をぐるっと一周した後、彩湖自然学習センターに向かったのですが、工事中となっており、今回下調べの大切さが身に沁みました。

e0098079_10555835.jpg
アオサギ
e0098079_10555207.jpg
カワウとユリカモメ
e0098079_10553175.jpg
ホオジロ
e0098079_10544158.jpg
立入禁止ののぼりの上にいるモズ
風に揺れる姿がかわいい


[PR]
# by nodai-yatyokai | 2018-02-27 11:07 | 探鳥会 | Comments(0)

2月多摩川リサーチ

日時:2月15日(木)
天気:晴れ
見られた鳥:ヒドリガモ、オオバン、カワウ、カイツブリ、アオサギ、オカヨシガモ、ムクドリ、コサギ、トビ、カンムリカイツブリ、ハクセキレイ、シジュウカラ、バン、ツグミ、カルガモ、アオジ、ジョウビタキ、スズメ、ウグイス、ゴイサギ、ヒヨドリ、セグロカモメ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、オナガガモ、マガモ、コガモ、チョウゲンボウ、イソシギ、ダイサギ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
計32種

こんにちは。今回ブログを担当するO.Sです。今回は、前回より暖かく、リサーチが苦ではありませんでした。あまり凍えずにリサーチできて良かったです。
さて、見られた鳥についてですが、前回より少し鳥の種類が増え、チョウゲンボウやバンといった珍しい鳥を見ることができました。大抵オオバンしか見ないので、バンを見ることができたのはとても嬉しかったです。上流辺りは水門工事のため行くことができず、リサーチの範囲が狭まってしまったのが、少し残念だなと思いました。中流辺りでは、ベニマシコが見られるらしいのですが、今回は見ることができませんでした。また機会があれば、ぜひ見てみたいと思います。堰の所のカモは相変わらず大量にいました。そのため、カウントすることが非常に大変でした。(冬場ならいつものことですが・・・。)せせらぎ館辺りでは、相変わらずゴイサギがいました。このゴイサギは、せせらぎ館辺りの場所が気に入っているのでしょう。せせらぎ館に来るたび、ここのゴイサギに癒されます(笑)。
今回のリサーチは前回よりもとても有意義なリサーチになりました。次回もこの調子でリサーチしていきたいと思います。
以上で報告を終わります。

e0098079_12472692.jpg
バン。オオバンとは違って、嘴が白くありません。

e0098079_12491330.jpg
優雅に飛ぶトビ

e0098079_12533915.jpg
マガモ

e0098079_13254061.jpg
羽繕いをするマガモ(メス)

e0098079_13281332.jpg
眠るゴイサギ

[PR]
# by nodai-yatyokai | 2018-02-24 12:55 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

1月多摩川リサーチ

日時:1月14日(日)
天気:晴れ
見られた鳥:オオバン、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、コサギ、ハシボソガラス、トビ、ユリカモメ、セグロカモメ、ムクドリ、カワラヒワ、マガモ、ハクセキレイ、シジュウカラ、カンムリカイツブリ、ゴイサギ、オナガガモ、キンクロハジロ、ヒメアマツバメ、コガモ、キョウジョシギ、ハシビロガモ(サブエクスプリス)、ハシブトガラス  計25種

こんにちは。今回ブログを担当するO.Sです。
新年初の多摩川リサーチは、ひたすら寒く、リサーチするのがとても苦痛でした。今思うと、この時風邪を引かなくて良かったと思います。
しかし、こんな厳しい寒さでも鳥達は元気に活動していました。寒さに弱い私にとっては、流石としか思えませんでした。やっぱり鳥はすごいです。
さて、今は真冬なので、様々な冬鳥が多摩川に集まっています。カモは相変わらず多くいて、種類を見分けるのに、とても苦労しました。ユリカモメやセグロカモメの様なカモメ類も多摩川に渡来していました。カモメは海に生息する鳥だと言う先入観があるので、カモメが川にいると少し驚きます。今回、珍しくカンムリカイツブリも見られました。しかし、同行者が、「この前も見た。」と言うので、この鳥もそんなに珍しくなくなっているのかもしれません。後、河原でカワラヒワを間近で見ました。とても可愛かったです。せせらぎ館の近くでは、ゴイサギの成鳥と幼鳥がいました。幼鳥の眠っている姿が愛くるしかったです。下流の空では、たくさんのヒメアマツバメが優雅に飛んでいました。去年、冬なのにツバメがいて驚いていた自分が懐かしいです。
今回は、寒さ以外は有意義なリサーチになりました。次回からは、寒さ対策をしっかりしていこうと思います。(去年も同じ事を言っていた気がするが・・・。)
以上で報告を終わります。

e0098079_00212792.jpg
近くに止まってくれたカワラヒワ。可愛い。

e0098079_00275730.jpg
優雅に飛ぶトビ

e0098079_00303800.jpg
カワウ。婚姻色なのか首元が白いです。

e0098079_00342923.jpg
セグロカモメ

e0098079_00383137.jpg
ゴイサギ(成鳥)、就寝中。

e0098079_00400635.jpg
ゴイサギ(幼鳥)

e0098079_00420220.jpg
ゴイサギ(幼鳥)、就寝中。可愛い。

e0098079_00451428.jpg
カンムリカイツブリのペア

e0098079_00462430.jpg
たくさんのコガモが寝ています。そこには、キョウジョシギの姿も。


[PR]
# by nodai-yatyokai | 2018-01-20 00:51 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

11月多摩川リサーチ

日時:11月19日(日)
天気:晴れ
見られた鳥:オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ヒメアマツバメ、ユリカモメ、セグロカモメ、カワセミ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アオジ、ゴイサギ 計29種

こんにちは。今回ブログを担当するT.Tです。更新遅れて申し訳ありません。
さて、はっきりと冬がやってきたと感じられるこの頃、多摩川には続々と冬鳥たちが集まってきています。堰堤の上ではカワウとサギ類がひしめき合い、下では姿形の似通ったカモ達が観察者を困惑させます。初めて迎えた冬の多摩川で、「多摩リサの洗礼(?)」を受けた気がしました。

今回はチョウゲンボウ、ゴイサギ、ヒメアマツバメ、カワセミといった多摩川リサーチで毎回は見ることができない鳥が複数観察できました。特にカワセミは堰堤のすぐ手前でしばらくの間じっとしていたので、非常に近い距離でじっくり観察することができました。このとき観察した個体はまだ体の色が淡く、胸のあたりが黒ずんでいたので幼鳥だと思われます。何度か水に飛び込んで魚を獲っていましたが、不発に終わったことも少なくありませんでした。もしかしたらまだ狩りが上手ではないのかもしれません。

カモの雌の識別に手こずってしまったので、今年度の冬はカモ類の勉強をしようと思います。また、カモはエクリプスや雑種など通常とは見た目が異なる場合があるので、そこにも注目して観察していきたいです。
e0098079_01430609.jpg
昆虫を捕らえたチョウゲンボウ
e0098079_01435141.jpg
ゴイサギ
この場所で見かけることが多いです。
e0098079_01442180.jpg
魚の群れに突っ込むカイツブリ
先日の大雨で川の水位が変わり、魚の群れが狭い水路に迷い込んだというお話を伺いました。
e0098079_01445106.jpg
ヒメアマツバメ
上空で20羽程度の群れを構成していました。
e0098079_01452157.jpg
カワセミ

[PR]
# by nodai-yatyokai | 2017-12-26 02:05 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)