人気ブログランキング |

カテゴリ:多摩川野鳥リサーチ( 121 )

4月多摩川リサーチ

日時:4月20日(土)
天気:晴れ
見られた鳥:カワウ、カイツブリ、スズメ、ツバメ、カルガモ、ムクドリ、トビ、ツグミ、シジュウカラ(声)、キジバト、コガモ、ハシボソガラス、カワセミ、アオサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、セグロセキレイ、コアジサシ、カワラヒワ
計20種

 こんにちは、今回のブログを担当するO.Sです。よろしくお願いします。
 今月は、先月のリサーチと違い、ぽかぽか陽気でとても快適なリサーチでした。
そのような気候のせいか、先月までそれなりにいた冬鳥達は、ほとんどいなくなっていました。そのため、見られた鳥の種類数は先月より減ってしまいました。夏に近づくにつれて鳥の数が少しずつ減っていくだろうと思います。
 中流を進むと、トビとカラスが喧嘩をしていました。猛禽類は何かとカラスと喧嘩している場面が多いですね~。大抵の場合は、カラスに一方的に追い回されていることが多いです。絶対王者のイメージが強い猛禽類ですが、カラスには弱いそうです。
 せせらぎ館付近に大勢の人が集まっていたので、何事かと思ったら、カワセミが木に止まっていました。なかなか見られないので、見れて嬉しかったです。また、堰でもその姿を見せてくれたので、とても嬉しかったです。
 下流では、コアジサシが来ていました。コアジサシは夏鳥なので、6~7月に渡って来るイメージがありましたが、4月に来ていたことに対して、とても驚きました。また、コアジサシの狩りも見れました。とても迫力があって凄かったです。
 今回のリサーチは、鳥の数が減ってしまったものの、とても有意義なリサーチになりました。次回も珍しい鳥が見れたらいいなと思っています。(特に猛禽類。トビ以外の猛禽類もみたいです。)

以上で報告を終わります。

e0098079_16543378.jpg
飛翔するツバメ
e0098079_16572961.jpg
飛ぶコアジサシ
e0098079_16550862.jpg
魚を捕らえたコアジサシ
e0098079_16563489.jpg
囀るカワセミ(少しぼやけてますが…)
e0098079_16570578.jpg
イソシギ

by nodai-yatyokai | 2019-04-29 17:03 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

三月多摩川リサーチ

日時:3月23日(日)
天気:曇り時々雨
見られた鳥:カルガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、コガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、バン、オオバン、カンムリカイツブリ、カイツブリ、カワウ、ユリカモメ、セグロカモメ、イソシギ、アオサギ、コサギ、トビ、ヒメアマツバメ、スズメ、シジュウカラ、メジロ、ツバメ、ムクドリ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ツグミ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
計29種

 こんにちは、今回のブログを担当するM.Oです。よろしくお願いします。
 今月は、厚い雲覆われたどんよりとした空に、雨がぱらつく、とても寒い中での探鳥会になりました。
 そのような天候のせいか、最終的には、いろいろな種類の鳥を見ることはできましたが、数としてかなり少ないという印象でした。しかし、小田急の多摩川橋梁の近くでは、20羽ぐらいのハシボソガラスが群れでいました。
 多摩川の中流ではカンムリカイツブリが潜って餌を採っていました。
 せせらぎ館のそばでは、桜がちらほらと咲き始める中、オオバンが餌を探していました。
 二ヶ領宿河原堰のそばでは、ヒメアマツバメとツバメがたくさん飛び回っていました。なんとか撮ろうとしたのですが、天候の影響でシャッタースピードが出ないのと自分の技術不足もあり、なかなか良い写真が撮れませんでした。次はもっと自分の腕を磨いて、リベンジしたいと思います。

 以上で報告を終ります
  
e0098079_11240084.jpg

たくさんいたハシボソガラス 

e0098079_11335021.jpg

e0098079_11240170.jpg

e0098079_11240144.jpg

二ヶ領宿河原堰のそばで飛び交っていたヒメアマツバメとツバメ



by nodai-yatyokai | 2019-03-30 11:38 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

2月多摩川リサーチ

日時:2月17日(日)
天気:晴れ
見られた鳥:オオバン、オカヨシガモ、オナガガモ、コガモ、カンムリカイツブリ、マガモ、カワウ、カルガモ、ハシブトガラス、スズメ、ムクドリ、アオサギ、コサギ、ツグミ、ユリカモメ、ドバト、ヒドリガモ、トビ、シジュウカラ、カワセミ、イソシギ、セグロカモメ、ハクセキレイ、ヒメアマツバメ
計24種

 こんにちは、今回のブログを担当するO.Sです。よろしくお願いします。
 今月は、ユリカモメの数がやたら多かったです。柵の上に数十羽が並んで止まっていて、とても驚きました。また、夏羽のカンムリカイツブリがいた所も驚きました。これも春が近づいている証拠なんだなと思いました。
 中流では、トビの狩りを見ることができました。その瞬間をシャッターに収めることができませんでしたが、この目で見れて、とても嬉しかったです。せせらぎ館では、飛んでいるカワセミを見ることができました。一瞬しか見ることができませんでしたが、嬉しかったです。
 ユリカモメの数がとても多かっただけで、種類数は前回より少なくなってしまいました。これから春に近づくので、さらに少なくなるだろうと思います。個人的な話になりますが、最近、他の鳥をハイタカに見間違えることが多い気がします。一度下流でハイタカが見られたので、少しでも怪しい鳥をハイタカと疑ってしまう癖がついてしまっています。次回から、過度な期待はせず、慎重に鳥を識別したいです。

以上で報告を終わります。

e0098079_18102917.jpg
ずらりと並ぶユリカモメ

e0098079_18023691.jpg
ムクドリ。近くで見れてよかったです。
e0098079_18034019.jpg
ツグミ
e0098079_18042984.jpg
セグロカモメvsカラス。コイをめぐって争っていました。

e0098079_18124118.jpg
何故か電柱に止まっていたカワウ。

by nodai-yatyokai | 2019-02-23 18:13 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

1月多摩川リサーチ

日時:1月19日(土)
天気:晴れ
見られた鳥:アオサギ、ダイサギ、コサギ、カワウ、ハクセキレイ、カルガモ、オオバン、バン、オカヨシガモ、カンムリカイツブリ、ユリカモメ、ヒドリガモ、トビ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、アオジ、オオジュリン、ツグミ、ムクドリ、スズメ、カワセミ、マガモ、コガモ、イソシギ、オナガガモ、セグロカモメ、キンクロハジロ、セグロセキレイ、シロチドリ、カイツブリ
計31種

 こんにちは、今回のブログを担当するO.Sです。よろしくお願いします。
 今回も鳥の種類は多めに見られましたが、至る所で工事をしていた為、自分の感覚としては、そこまで鳥の数が多いという感じはしませんでした。やはり鳥も工事の音がうるさく感じるのでしょうね。
 今回は、いつも見られるカワウよりもユリカモメの方が多かったです。もしかすると、カワウは工事の音に敏感なのでしょうか?この仮説はあくまで自分の妄想にすぎませんが、気になるところです。
 さて、今回見られた珍しい鳥ですが、バンとシロチドリが見られました。バンは中流と堰の間にある湾土の所で、シロチドリは下流の所で見られました。特にシロチドリは、多摩川リサーチでは滅多に見られない鳥です。同行していた私の後輩がこの鳥を撮り、その写真を見せてもらったので、私が直接その姿を見たわけではありませんが、とても嬉しかったです。
 今回は、久しぶりにカモのカウントをしたため、カモの識別に手間取ってしまいました。次回までにカモの種類の復習をしたいと思います。

以上で報告を終わります。

e0098079_14594539.jpg
2羽のバン

e0098079_15013454.jpg
カワセミ

e0098079_15032377.jpg
カンムリカイツブリが魚をくわえている。

e0098079_15052166.jpg
リサーチでは滅多に見ないシロチドリ

e0098079_15063728.jpg
イソシギ。結構近くまで来てくれました。

by nodai-yatyokai | 2019-01-20 15:12 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

11月多摩川リサーチ

日時:11月18日(日)
天気:曇り
見られた鳥:カルガモ 、マガモ、コガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、ヒドリガモ 、ホシハジロ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、カイツブリ、キジバト、カワウ、コサギ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、トビ、ハイタカ、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ 、ヒヨドリ、ジョウビタキ、アオジ、スズメ、モズ、タヒバリ、シジュウカラ、ウグイス、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワラヒワ、ホオジロ
計35種

こんにちは、今回のブログを担当するM.Kです。よろしくお願いいたします。
今月は普段より1時間早くリサーチを開始し、たくさんの鳥たちに出会うことができました。
季節は冬に移りはじめ、カモやサギ、カモメたちの大群が見られました。私は今回が初めてのリサーチでしたが、水鳥たちが潜ったり魚を捕る姿も観察され、とても印象的なリサーチとなりました。
目立つ位置にとまっているモズ、真上を飛び去っていったハイタカやタヒバリ、池から陸に上がってきてトコトコ歩くオオバン、至近距離で座り込むハクセキレイ......と、なんだか積極的な子たちが多かったように感じます(笑)
しかしなによりも驚いたのは、カモの種類と数でした。メスの識別などは特に難しく、カウントも困難を極めてしまったので、もっと勉強して次回以降の観察に臨みたいと思います。
以上で報告を終わります。

e0098079_17573670.jpg
きれいな羽を披露してくれたハイタカ
e0098079_17593988.jpg
カルガモとエクリプスのマガモ
e0098079_17595298.jpg
ユリカモメ、多い。
e0098079_18000901.jpg
上陸!オオバン
e0098079_18003767.jpg
目立つところに来てくれたモズ♂
e0098079_18013914.jpg
カンムリカイツブリ、凜々しい。
e0098079_18014724.jpg
ペア?のハシビロガモ
e0098079_18015684.jpg
欲張りカモセット(オカヨシガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロetc...)
e0098079_18020591.jpg
カワウ&チラッとユリカモメ
e0098079_18044454.jpg
オナガガモ♂尾羽がきれい。
e0098079_18030977.jpg
オカヨシがモ夫婦おしりセット
e0098079_18042956.jpg
オカヨシがモ夫婦


e0098079_18045240.jpg
きれいな横顔のコサギ
e0098079_18050040.jpg
おもちもちもちハクセキレイ

by nodai-yatyokai | 2018-11-20 18:29 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

10月多摩川リサーチ

日時:10月20日(土)
天気:晴れ
見られた鳥:カワウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ダイサギ、コサギ、アオサギ、ヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、カルガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、ユリカモメ、コガモ、イソシギ、トビ
計16種

 こんにちは、今回のブログを担当するO.Sです。
 今月は雨が多く、無事にリサーチできるか不安でしたが、この日は運良く晴れてよかったです。日差しが少し強かったものの、気温があまり高くなく、快適にリサーチすることができました。先月までの地獄の夏が去ってくれて本当に嬉しいです。
 さて、今回のリサーチについてですが、カモの種類が増えており、ユリカモメのような冬鳥も見られました。早くも冬が近づいていますね。来月か再来月には、もっと多くの冬鳥で賑わっているでしょう。カウントが大変になりますね(笑)。
 リサーチ中に多摩川で野鳥を観察している人に出会い、会話をしましたが、その人によると、下流の方でミサゴやノゴマが観察できたらしいです。特にミサゴは、多摩川リサーチでは珍しい存在なので、観察出来なかったことが非常に悔やまれます。今度はミサゴが観察出来たらいいなと思っています。

以上で報告を終わります。

e0098079_15411398.jpg
眠る2羽のカルガモ。可愛い。

e0098079_15432159.jpg
カワウとヒドリガモの群れ

e0098079_15452815.jpg
カワウとユリカモメ

e0098079_15465508.jpg
イソシギ

by nodai-yatyokai | 2018-10-21 15:48 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

8月多摩川リサーチ

日時:8月27日(月) 
天気:晴れ
見られた鳥:スズメ、ツバメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ドバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カワウ、カイツブリ、カルガモ、カワセミ、ハクセキレイ、ムクドリ、カワラヒワ、トビ、オオヨシキリ、ヒヨドリ、ゴイサギ、セグロセキレイ
計20種

こんにちは、今回のブログを担当するO.Sです。
今月もとても暑く、非常に辛いリサーチとなりました。そろそろ涼しい日が来て欲しいです。(笑)

野鳥に関しては、中流辺りの池でカイツブリの親子とオオヨシキリが見られました。親鳥についてくるヒナがとても可愛いかったです。
給餌しているところも観察できました。同じところで、オオヨシキリが芦原を華麗に飛び回っていましたが、その様子を写真に収めることはできませんでした。
また、せせらぎ館辺りで、ゴイサギのひな2羽とカワセミを見ました。普段のゴイサギのひなは寝ていますが、今回は珍しく起きていたらしく、活発に行動していました。寝ている姿がとても可愛いので、その姿を見ることが出来なかったのは残念でした。

今回は前回より種類が増えていて嬉しいです。今後見られる種類が増えていくことを期待しています。
以上で報告を終わります。

e0098079_18160673.jpg
カワセミ


e0098079_18183218.jpg
ゴイサギのひな(ドアップ)

e0098079_18195775.jpg
草陰に隠れるカイツブリのヒナ


by nodai-yatyokai | 2018-09-06 18:22 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

7月多摩川リサーチ

日時:7月21日(土) 
天気:晴れ
見られた鳥:スズメ、ツバメ、ハシブトガラス、キジバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、カワウ、カイツブリ、カルガモ、カワセミ、ハクセキレイ、ムクドリ
計14種

こんにちは。試験期間のために更新が遅れてしまい申し訳ありません。今回のブログを担当するO.Sです。
記録的な猛暑により、地獄のようなリサーチでした。余りにも暑すぎて、鳥の数が少なかったです。鳥も暑さにへばってしまったのでしょうか。
しかし、そんな酷暑の中でも収穫はありました。それは、2羽のカワセミです。2羽とも若鳥だったのか、木の枝や枯れ葉を使って狩りの練習をしていました。その姿がとても愛くるしく、暑さを忘れるほど見入ってしまいました。近くで一瞬、2羽とは違う個体のカワセミが見られましたが、おそらく2羽の親鳥だと思われます。2羽の成長をひそかに見守っているのかもしれませんね。
今回のリサーチの収穫はこれだけでしたが、とても有意義なリサーチだったと思います。今年の夏は暑いので、8月のリサーチは、水分をしっかりとっていきたいと思います。
以上で報告を終わります。

e0098079_17363901.jpg
2羽のカワセミ

e0098079_17374807.jpg
羽繕いをするカワセミ

e0098079_17402186.jpg
飛ぶカワセミ

e0098079_17305049.jpg
コゲラの食痕か?

e0098079_17390362.jpg
羽を伸ばすカワウ










by nodai-yatyokai | 2018-08-10 17:43 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

6月多摩川リサーチ

日時:6月17日(日)
天気:曇り
見られた鳥:スズメ、ハクセキレイ、カルガモ、ツバメ、ハシボソガラス、トビ、コサギ、アオサギ、カワウ、カイツブリ、コアジサシ、ムクドリ、ダイサギ
計13種

こんにちは、今回のブログを担当するO.Sです。
天候があまり良くないためか、前回より鳥の種類が少なく、今回もしょっぱいリサーチとなってしまいました。ここのところ、あまり鳥が多摩川に着ていないので、少し心配ですね。
しかし、今回のしょっぱいリサーチでも収穫はありました。
一つ目は、巣立ちしたばかりの子ツバメを見れたことです。電線に止まっていて、両親から餌をもらっていました。可愛かったです。
二つ目は、コアジサシが前回より多く見れたことです。奥の方に群がっていて、思わず面食らいました。魚をくわえている個体も見られました。
今回のしょっぱいリサーチでも、この2つの収穫のおかげで、とても有意義なリサーチになりました。次回はより多くの鳥が見られるといいですね。

e0098079_17311459.jpg
巣立ちしたばかりの子ツバメ。とても可愛いです。

e0098079_17330639.jpg
                 トビ

e0098079_17360381.jpg
手前がアオサギとカワウ。奥の方がコアジサシです。魚をくわえている個体もいますね。

by nodai-yatyokai | 2018-06-17 17:39 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)

4月多摩川リサーチ

日時:4月14日(土)
天気:曇り
見られた鳥:オオバン、カイツブリ、アオサギ、コサギ、ダイサギ、カワウ、ユリカモメ、セグロカモメ、カルガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、コガモ、トビ、ツバメ、ムクドリ、モズ、シジュウカラ、ツグミ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
計21種

こんにちは。更新が大変遅れてしまい申し訳ありません。今回のブログを担当するT.Tです。よろしくお願いします。

さて、新年度が始まり、新入生も加わって行われた今回の多摩川リサーチは今までとは違った新鮮な雰囲気でした。来てくれた1年生の皆さん、ありがとうございました。

野鳥に関しては、カモ達が続々と北へ帰っていくため種類も数も前回よりも明らかに少なくなっていました。ユリカモメは冬羽から夏羽に変わる途中で、今の時期にしか見られないごましお模様をしていました。また、今回はせせらぎ館の下にある堰周辺でコサギが25羽確認されました。この辺りは行くたびに違う種類の水鳥がまとまって見られる傾向にある気がします(カワウ、ヒドリガモ、コガモなど)。理由はよくわかりませんが、このような変化を発見できることが定点観測の良いところだと思います。

以上で報告を終わります。

e0098079_11230012.jpg
枯葉を運ぶムクドリ
何かに使うのでしょうか?
e0098079_11222724.jpg
夏羽に変わる途中のユリカモメ
ごま塩頭がかわいいですね
e0098079_11223808.jpg
オカヨシガモの雌(写真左)と雄(写真右)
雌雄が並んで泳ぐ姿がよく確認されます
e0098079_11225077.jpg
陸地で休息するコサギ
一か所でまとまって見られる理由は不明


by nodai-yatyokai | 2018-06-11 12:07 | 多摩川野鳥リサーチ | Comments(0)